LAPSE ラプスのレビュー・感想・評価

メニュー

LAPSE ラプス

劇場公開日 2019年2月16日
6件を表示 映画レビューを書く

ラプスという映画技法が新鮮

平成最後の年ということもあり、今年も近未来映画が何本か公開されましたが…
ラプスという映画技法で撮られてるためか、映像が新鮮に感じました。

2082年を舞台に幼少期に見たVRシミュレーションの暗い未来が現実化し苦悩する男の姿を描いた「SIN」

2050年のクローンと人間が共生する世界で自身がクローンの失敗作だったことを知らされる男を描く「失敗人間ヒトシジュニア」

2038年のAIが医療を委ねられた世界でAIと人間との関係性に疑問を抱く女子大生を描く「リンデン・バウム・ダンス」

…3編で構成。
どの作品も近い未来にありそうな話で笑ってばかりではいられなかった。
斬新な映像で登場人物の心理を切なく、美しく描いてました。

こういう近未来映画は、観るたびに科学技術の進歩が間違った方向に向かって行く〜という設定が多い。
やはり、未来は暗いのか〜〜と、つくづく不安になるのですが…

でもね。
感情、感動、愛、思い出などの人間らしさは消すことはできないし、支配されてはいけないものですよね。
美しいものを見て涙を流すとか、大切な誰かを抱きしめる温かさとか、喜怒哀楽とか、どんな時代が来てもなくしたくないな…
そう思う映画でした。

BABEL LABELさんの映像をこれからも楽しみにしています。

あらりん
あらりんさん / 2019年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実の近未来に想いを寄せて ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

近未来を舞台にしたオムニバス。
三本とも環境や身の回りの「近未来感」は最小限に抑えられていて、申し訳程度のその要素が浮いて見えた。
ネオン光らせとけば未来感出るわけではないでしょう、と思いつつネオン大好きなのでキュンとしてしまう…。

『失敗人間ヒトシジュニア』
テンションと映像表現は一番好きだけど、ストーリーに上手く乗りきれず。

自分がクローンだと知らされた時のショックやクローンに対する一般人の生理的反応に傷付き、政府の非人道的な対応を考えると相当苦しい。
ただなぜ20歳まで普通に育てるのか、そもそも子供の代わりのようにクローンを作るメリットがあまり伝わって来ず、細かい部分が引っかかってしまった。

ライトセーバー的なナイフ欲しい。
ヒトシジュニアとハッピーの取った行動に対する元親の反応は好き。
しかしなぜその後ほっといて行けるのか。
結局人間のクローンへの意識は変わらないのか、悲しいな。

心の声はガンガン大きいのにセリフやバックミュージックが小さいのが地味に気になって仕方なかった。

『リンデン・バウム・ダンス』
映像の美しさはピカイチだけど、それが逆にあざとく感じてしまい途中までかなり印象が良くなかった作品。
SUMIREの個性と美しさはよく分かるけど彼女のポートフォリオが観たいわけじゃない、と思っていた。
結果的に一番好きな作品。

AIの管理する延命治療で置き物のようになってしまった祖母と、祖母を置いて回る日常の寂しさ。
夢の中の赤いワンピースの少女が祖母だと分かった時からブワッと鳥肌が立ちっぱなしだった。

私自身がかなりおばあちゃんっ子(プラスおじいちゃんっ子)なので、もし5年後、10年後、20年後、寝たきりになってしまったら…と考えるともうダメだった。祖父母に限らず少ない家族誰にも当てはめても。
というか自分がこうなる可能性だって大きい。

自分と同年代の祖母と友達になれたら楽しいだろうな、祖父はめちゃくちゃイケメンだから好きになってしまいそうだな、何を話そう、何をして遊ぼう、なんてあれこれ考えて想像して終盤ずっと泣いていた。

最後の草原に白いノースリーブのワンピースを着た美少女二人。
またあざといカットだけど、夢の内容と現実の行動が示唆するラストに捻りが効いてて面白い。
石鹸を溶かして固めたんだろうか。
AIなんかに決められるよりずっとずっと良いはずだから。

『SIN』
ストーリー自体のSF感が一番強い。
話としても起承転結はっきりしていて分かりやすく、観やすい作品。

親を選べない子供は幸せになれないのか。
脳波テストで本人の未来の性格がわかるならまだしも、完全なる未来の予言だったのが少し違和感。
気になる点はあれど未来に抗う王道の展開で面白かった。

力づくの行動や発作のような暴力に流れず、「大丈夫だから、せめて一緒にいようよ」の言葉を使えたことが嬉しい。
施設のおじさんとアマの対比に切なくなる。
もしあのとき違う選択をしていたら…という、よく思いがちなことを引きずってしまう。

三本とも共通して、自分と現実世界に置き換えてこの先の未来を考えさせられる。
正直作品自体に強い魅力は感じられなかったけど、全ての人に平等に訪れる時間の経過とその先の老いを思って感情が動き、結果なかなか良い映画体験だった。

KinA
KinAさん / 2019年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

“世にも奇妙”ライク ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

3部構成のオムニバス作品。それぞれの作品は繋がっていないのであくまでもショートストーリー群であり、星新一のようなカテゴリであろうと言うと怒られるかも知れない・・・ならば緩く繋がりをつけていればもっと作品の統一感が出て奥行きが見せることが出来たのではないだろうかと勝手に注文つけてみたりして。
コメディタッチで描かれるのは初めの「失敗人間ヒトシジュニア」。漫画的な映像効果を織り交ぜながら、主人公の心の声をナレーションしながらストーリーを進める。内容はクローン人間の処分という、人間の身勝手を風刺した物語で、そのクローンがそれでも親であるオリジナルを殺せない愛情と憎しみの葛藤を描く、よくあるプロット。後半は心象シーンが多用されているので、皮肉さが半減か。
2つめの「リンデン・バウム・ダンス」が正直分りにくかった。冒頭のボートでの独白シーンも一体誰に何を話しているのか、飲み込めない台詞ばかりで頭に入らない。一応AIによる人間の寿命のを制限及び安楽死というテーマらしいが、植物状態の祖母との妄想上の遊び(一緒にクラブに行く、野山を駆け回る)の夢シーンと、現実の家庭での祖母を置いての状況の進み具合とのギャップに苦しむおばあちゃんっ子の話である。ここまでは正直退屈な展開なのだが、最期が少々ホラー要素をぶち込んでくる。無情にも安楽死が決定した日に、以前情報を得ていたナチスの『人間石鹸』(※都市伝説であり未確証)を祖母に施す。しかし、その残虐性が全く薄いので、劇伴でかかる曲の優しさや、石鹸の中に野花を埋め込むことも“務め”であるとの強要とのギャップの広さが表現できずにいて、恐怖を演出できなかったのではないだろうか。もし、綺麗な演出にしたければ、人間石鹸なんて持ち出す必要があったのか、どうにもその脚本が腑に落ちないことしきりで消化不良である。
3つめは流石、出演者に手塚とおる、内田慈が参加しているだけあってストーリーに深みが増していた内容であった。やはり百戦錬磨の俳優が加われば画に深みが湧いてくるお手本のような形であろう。
ストーリーも、一番SF的であり、又昨今の事件(直近では渋谷区養護施設の刺殺事件)等も相俟って、社会一般がその因子を取り除けば良いんだという優生思想が蔓延りつつある状況へのアンチテーゼを薄味ながらも訴えるテーマ性を快く感じた。勿論、低予算の原因かと邪推するが、かなりぼやけた脳波測定の件は、もうすこし科学的根拠(トンデモ話でも可)で固めてくれると尚、リアリティが増してその後のヒューマンドラマに深い造影を彩るのだろうけど。とにかく、性急に物事を決めない、ゆっくり解決の糸口を探るという現代社会にすっぽり抜けて欠けてしまった思考を訴える作品としてかなり良く出来た内容であった。もっとストーリーを膨らませてくれれば有意義なテーマ性のある作品に化けるのではないだろうか。顔に痣のある少女が首相になる、そんな夢のある話があっても良いのではないかと、そのドラマ性の強さに将来性を感じた作品であった。

いぱねま
いぱねまさん / 2019年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

卓越した小作品群

あべら監督は主演も兼務、ストーリー展開も見事。志真監督作品は、流石舞台演出で優れた手腕を発揮しているだけあって画面割が素敵、テンポよい内容に引き込まれてあっという間に終了してしまった。素晴らしい作品群は、まるで宝石箱の様。今後の作品が楽しみ。

双子
双子さん / 2019年2月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

利害

サブタイトルが「未来に抗え。」という近未来を舞台にした3話オムニバスム。

「失敗人間ヒトシジュニア」
クローンが認可され爆発的に流行ったが、後に欠陥がみつかり処分されることになった世界の話。
設定は面白いしコミカルなつくりだけど、コミカルさが中途半端で空回りしていたし、話が成立するシチュエーションも限定的な印象。

「リンデン・バウム・ダンス」
 AIに医療を委ねた世界で、延命治療を受ける婆さんとそれに寄り添う孫娘の話。
夢だし、延命だし、何でもありな上に自身の思想と合わずハマらなかった。

「SIN 」
就学前に将来のシミュレーションがされて、危険と判断された男の話。
本人はまだしも、彼に関わる人物までその通りになるって何だそれ。設定は好きだけどムリがあり過ぎて白けた。

それ自体が悪いとは思わないけれど、どれも陰鬱で振り切った感も衝撃もないし、展開が都合良過ぎて面白味が感じられなかった。

Bacchus
Bacchusさん / 2019年2月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

充実感

オムニバスだが不思議なまとまりもある。
それぞれの監督の個性が出ていて面白い。
映像がきれいでセンスが良いというか。音楽もいいです。
見終わった後は充実感を感じます。
非日常感を味わえて休日にぴったりです。

boko
bokoさん / 2019年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報