「寧子に共感できるか否か」生きてるだけで、愛。 まろんさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

生きてるだけで、愛。

劇場公開日 2018年11月9日
全89件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

寧子に共感できるか否か ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バイト先のカフェバーでのウォシュレットの件は衝撃を受けた。前半から既に自分と重なる部分が多く、寧子に感情移入しながら見入っていたから、余計に。
長いこと社会から離れて生きてきた分、あのカフェバーのスタッフは寧子にとって、救われる場所になるかもしれなかった。「家族のようなもんだから」って奥さんの台詞に、どれだけ希望を見出しただろうか。だがその直後にあのウォシュレットの一件。ああ、やっぱり自分とこの人たちは別の世界の人間なんだ。とわかってしまった。「私はやっていけますかね?」「私は、ここでやっていけますかね?」と何度も聞いた。安心したかったのに、自らの手で崩してしまった。そんな自分が嫌になる…痛いほどわかる。ダイイングメッセージのように残されたウォシュレットの噴き出すトイレが、寧子の心情を描いているように思った。
趣里さん演じる寧子に共感できる人は特に心に刺さる映画だと思うが、ウォシュレットの件でスタッフ側の人たちの方が共感できる人たちには、理解しがたい映画だろうなと思った。

まろん
さん / 2019年6月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報