CINEMA FIGHTERSのレビュー・感想・評価

メニュー

CINEMA FIGHTERS

劇場公開日 2018年1月26日
11件を表示 映画レビューを書く

終わり方が想像を掻き立てる

短編6作品、どれも想像を掻き立てる感じがとてもいい。一つ一つ個性のある作品だった。私はsnowmanがとても幻想的で感動的だった。短編なのに想いがぐっと胸に響いた。倍賞美津子と鈴木信之がベットで見つめ合うシーンはなんだか涙が溢れでてきた。

あーこ
あーこさん / 2018年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全6作

パラレルワールドは、なんかはっきりしない終わり方
続きがなきゃダメ
あえて言うならUnfairWorldがぴったりかな
ただ、1番現代的

キモチラボの解法は、1番好きだったかも
短編でもよくわかった
アキラさんの役も、嫌味ったらしくなくていい
現代からは離れた考えだけど、冒頭ですぐに世界観に入り込める
楽曲はあってないかなー、結び付きは理解した

Snowmanは、終わり方ははっきりしたけど物語がはっきりしない
ただの日記?世界観に入り込むのも時間がかかる
曲とは全くあってない
Perfume感の音楽の方がよかったんじゃないかな()

色のない洋服店は、Amiちゃんがどうなるのか続きが観たかったけど、物語の内容はすごくよかった
曲もバッチリ

終着の場所は、よくわからん。
花火だけの繋がりの選曲もどうかな
身体を売るような内容の物語に花火、三代目ファンとしてはあまり好感は持てなかった
町田くんの役も、中途半端な男過ぎて嫌
YesなのかNoなのか知りたい

SWAN SONGは、岩ちゃんで引っ張ったなって感じ笑
未来として1番有り得そうって思ったけど、お前ら死ぬんじゃね?って終わり方過ぎて感情移入もしにくい
曲はよかった

BLACK
BLACKさん / 2018年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

共通のテーマがあるなら、「生き方」かな? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『パラレルワールド』
石井杏奈さんの活発な女子高生役。
彼女の得意分野と言える役どころですが、イメージとちょっと違いました。哀しみの表情に深みがあるように感じました。
石井さんの新たな魅力を発見できました。
作品自体は、雰囲気の良い作品になっていると思います。一本目に合っているのではないでしょうか。
人は後悔を繰り返して生きて行く。でも、それも綺麗な思い出になる日が来るかも、と思わせてくれる作品です。

『キモチラボの解法』
駒井蓮さん、笑顔を見たくなります。
AKIRAさん、いい男のラインを保ちつつコメディ成分を出せますね。一歩間違えれば重くなり過ぎてしまいそうな本作を、彼のキャラクターがバランスを取っている様に思えました。
求める事と求められる事、それを分かろうとする所から人の結びつきが形成されるのかもしれませんね。

『Snowman』
大事な人と一緒に過ごせる時間の大切さは、終わってしまってから気付くもの・・・。
もし、一緒に過ごせる時間より大切な物があるとしたら、やはり相手を想う気持ちなんでしょうね。

『色のない洋服店』
ちょっと、入り込めないと思いながら鑑賞していましたが、「いらっしゃいませ」のシーンは何故か心打たれました。
自分らしく生きる。それは、美しくない事が美しいのかもしれません。

『終着の場所』
彼女の最後の台詞。あれは、彼女が一つの終点に辿り着けたから言えたのかもしれません。
二人がどうなるのか分かりません。でも、あれを言えた事が彼女の新たな始発点になるのでしょうね。
幸せになりたいと思う、それが幸せへの一歩目なのかもしれません。

『SWAN SONG』
人生の終わりの迎え方を考えさせる作品なので、最後に持って来たのでしょう。
桜庭ななみさん、良かったと思います。

―全体を通しての印象―
曲が前面に出ていない感じなので、映画として楽しめました。
余計な登場人物も無く、台詞も少な目な印象なので、自分の好みと合ってました。
どの作品も私は結構楽しめました。

最後に個人的な好みですが、Flowerさんの『さよなら、アリス』も作って欲しかったです。

やきすこぶ
やきすこぶさん / 2018年2月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

企画、監督、役者陣、どれをとっても悪くないはずが… LDHが下降気...

企画、監督、役者陣、どれをとっても悪くないはずが…
LDHが下降気味なので、映画も下降気味?
音楽と映像の融合のはずが、いまいちマッチしていていないからか、ドリームアミのエクステバリバリにあの演技、共演の鹿賀丈史に失礼
岩田剛典、町田啓太、鈴木伸之はそれぞれ味があって、映画の出来もまずまず
何と言っても、山田孝之の高校生は脱帽
この4作品を、もう少し尺を長くして映画にした方が良い作品になったような気がした

アップル
アップルさん / 2018年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

企画には興味あり ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

曲が好みじゃないから、感情移入できないけど、これが好みの曲で、ショートムービーなら、好きになっちゃうかもなと思って観ました。

山田くんと石井さんの演技は好きだなぁ。
高校生に見える見える。

4話目の文字の打つ音はいいね。
でも、最後がちょっと残念な気がした。

短編だとこのくらいの内容でも成り立つから、説明の少ない映画がたくさんできそう。話の前後は観客の想像力に任せればいいもんね。
最近は説明が多すぎる映画が多くて物足りない。想像力には敵わないと思う。

もっとお金かけなくてもいいから、いい音楽といい映像、いい役者、いいお話をたくさん観たいと思いました。

asm
asmさん / 2018年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コレはアカン@@出演者ファン以外〜要注意

ジョージアの人山田孝之が、出てるって情報だけで、観に行きましたが・・・
セカチューを思い起こすもイメージも、流石にもう高校生役は、無理やわσ^_^;

しかし祈りの幕・・が、今期ベスト候補ならコレは、ワーストほぼ決定-_-b

テーマになってる曲のミュージックビデオを繋ぎ合わせた方がマシかも!?

オムニバス形式の短編ストーリー6本・・・
それぞれの曲の良さまで消し去る何も残らない中で、唯一残像が残ったのは、岩ちゃんのギーターシーンσ^_^;

ちなみに、公開3日目のレイトショー鑑賞者3人www
最近めっきり面白くなくなった、世にも奇妙な物語より残念な作品でした。
無料鑑賞券発動が、悔やまれる><;

☆1.5

eigatama41
eigatama41さん / 2018年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽曲から映画への不思議な変化。味わい深い大人のオムニバス映画。

【賛否両論チェック】
賛:6つの異なる世界観を通して、人間の本質を感じ取れるのが印象的。基の楽曲そのものも魅力。
否:設定はかなり無理があり、ツッコミどころも多め。楽曲の好き嫌いも分かれそう。

 6本の作品が、それぞれ毛色の違うテイストながら、儚い恋の姿だったり、信念を持とうとする1人の姿だったり、そんな人間の本質を一風変わった設定や視点から切り取っていく様が印象的です。個人的には、笑いも有りながらひとひねり有って感動させられる「キモチラボの解法」が好きでした。
 どれも楽曲を基にしたというよりは、楽曲からインスパイアされた世界観を映像化したという感じでしょうか。劇中やエンディングで流れる基の曲を聴きながら、その辺りを想像してみると、より深く味わえるかも知れません。
 出演されている皆さんもかなり豪華ですので、是非チェックしてみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年1月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後何か一つになるとかなくて残念!!

短編映画6本と言うよりは深夜ドラマ6本という印象で残念です。導入部が終わりこれから始まる!!と思ったらタイトルが出てエンドロールを観るという作業を合計6回も繰り返すのか…と思いましたが、第5話「終着の場所」と第6話「SWAN SONG」はもっと観たくなる感じでした。この2つをもっと展開させ、あと1話足して、30分×3話構成だとより印象的な作品になったのではないでしょうか。6話構成だと細かすぎて各話のクオリティを均質に高めるのも難しい上、最後に何かが1つにまとまって驚かせる、アンソロジーだと思わせて実は全体で一本の映画といった仕掛けも何もなかったので微妙だと思います。電話の声だけですぐに誰だかわかる古館寛治は、ウワッ!不快!という感じでした。久しぶりに観た桜庭ななみに萌えました。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年1月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

演者は好きだけど……

お話が学生の卒業制作みたいなありきたりで全く面白みがなかった。
それがショートショート、なのかもしれないが…
演者は好きなので見て良かった。

maru
maruさん / 2018年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歌詞の世界?

LDH所属アーティストの楽曲の歌詞を映画化した6本のショートムービーオムニバス。

パラルワールド
甘酸っぱい話は良いとして、起承転結の転の部分が全てナレーションでの説明で面白味がない。

キモチラボの解法
展開は嫌いじゃないけど、病院で叫んだセリフがあまりにも唐突でポカーン。ショートだからといってこれはね。

Snowman
言いたいことは分かるけど何の捻りもなく読めてしまうし…そもそも不毛な時間じゃない?

色のない洋服店
話自体は悪くないけど服以外は色があるし食べ物はムリがあるし、もっと無機質な空間とかの世界だったら良かったかも。

終着の場所
理想ばかり大きい若者感が現実をみてしまう感じが良かった。もうワンシーン前で終わっていても良かったけど、この終わり方もこれ以上はつまらなくなるギリギリというところで嫌いじゃない。

SWAN SONG
何となく感じてい通りそのまんまの展開。何のドラマもなく受け入れちゃいかんでしょ。

楽曲は知らずに鑑賞した為、各話のエンドロールで流れたワンコーラスでのイメージだけど、どれも曲と合っているとは感じられなかった。

総じてショートだからといって妥協しているんじゃないかと感じてしまう部分が結構多くて残念。

Bacchus
Bacchusさん / 2018年1月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  幸せ 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった。

実験映画はお好みじゃないのか観客は3人だったが、結構楽しめた。短編6編だが確かに長編に比べれば物足りないかもしれないが、だらだらと時間をかける映画よりは見やすいし、あとは観客の想像に任せますという終わり方も悪くなかった。6編のうち5編はSF仕立てで宮崎駿が嫌いな手塚治虫のライオンブック等で見られた短編作品のようであった。しかし山田孝之が高校生の役を見事にこなしており、その演技力には驚いた。それと他の若手俳優陣もなかなか良かったんじゃないかな。

kouhei1813
kouhei1813さん / 2018年1月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

11件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi