劇場公開日 2018年1月6日

  • 予告編を見る

ブリムストーンのレビュー・感想・評価

3.418
19%
37%
37%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全18件を表示

2.0タイトルなし

ケイさん
2020年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

2.5ストーカー

2020年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

悪魔的で見えざる力が働き、そんなスリラー映画を想像しながら観ていたが、物語は過去に遡り彼女の長い戦いが最後に少しだけ救われて。

神に対する執着心、女性蔑視と家族に向けられる異常な行動が西部開拓時代を舞台にした意味があるようで、現代劇として描いていたら単なるサイコスリラー物として面白味もなかったのでワ。

二人の関係性、執拗な行動に出る牧師、そんな牧師に怯える女、序盤から分からないことだらけだが、徐々に全貌が見えてくる話展開に興味の持続力は保たれる。

こんな経験をしている人って、いるんだろうなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.5ホントにあったであろう下衆い時代

なたさん
2019年8月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なた

3.04部構成の変態牧師の話か?

2019年5月19日
iPhoneアプリから投稿

ダコタちゃんが、大人になった!
ガイピアースが変態の巻
レベナントの様な
復讐かとおもいきや
親子三代の
悲しい
ストーリー
娘さんは、幸せになってね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大阪ぶたまん

3.5壮絶極まりなし

masakingさん
2019年2月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
masaking

4.5148分R15+近親ペドフィリア牧師年代記

2019年1月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

聖書からなる4章物語の意味はようわからんが、舞台は西部開拓時代のアメリカっぽいけど製作はヨーロッパ。
ラストからスタートするパターンのやつ。
タイトルに小さくコールホーベン’sブリムストーン(十字架)
2つのほくろ
第1章だけ字幕が出ないが「revelatoon ヨハネの黙示録」
ちょくちょく出てくる真上からの視点は髪の目線か
出産、中絶、売春宿、鞭打ち拷問(少女にまで)、舌切りシーン、羊惨殺、豚のカニバリズムがあるのでR指定。
プロテスタント教会からクレームが来そう
でもカソリックだけでなく聖職者が児童虐待しているということを批判しているのか
女が虐げられていた時代
女の強さ描く
娘のために肩外すとは!
女4代記
ダコタちゃんもいいがエミリアジョーンズ(ジョアナ)もサム役の女の子も可愛い
クレジットはガイピアースガ一番

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない

3.5サイコ牧師

2018年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

主人公(ダコタ・ファニング)は耳は聞こえるが話すことが出来ない。
歳の離れた夫と無底と娘の4人で暮らしていた。
サイコな牧師(ガイ・ピアース)がやってきてから生活が一変する。
主人公の過去が語られ・・・。
暗い話だが、十分怖い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0ダコタ・ファニングの凄さ。

miharyiさん
2018年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

この作品の意図がわからない。
開拓時代のアメリカはほんとうにこれほど女性を虐待していたのか。
それとも、牧師の皮をかぶった異常者を描いたものなのか。
どちらにしても、よくぞこの生き地獄のような役を演じきったものだ、ダコタ・ファニング! ナイス!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

4.5鑑賞後はヘトヘト

otobokeさん
2018年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

全編148分という愛と暴力と信仰心を巡る壮絶なクロニクル(年代記)。
なんだこりゃ!信仰、暴力、絶望、差別と女性に対して酷いことのオンパレード!もうただただ苦しい!苦しいよー!
希望が見えたと思ったら突き落とされ、鑑賞後の私はヘトヘトです。
けど、こうゆう映画は嫌いじゃないのだよ。むしろ好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
otoboke

3.0新宿武蔵野館にて観賞

2018年1月28日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shallowwhite

5.0これはヒドい

暇人さん
2018年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 な、な、なんちゅう話を映画にするんだぁぁぁぁぁあああああ(*`ロ´*ノ)ノ

 ぜえぜえぜえ、はぁはぁはぁ……。

──時はアメリカ西部開拓時代。

 口はきけないが貞淑で見目麗しい人妻と、その彼女に肉の欲望を抱き神の名の下に罰を与えんと欲する聖職者である牧師。

 キリスト教の名において、悪辣、非道、残忍、残酷、無法、暴力……、近しい者を殺され、家を焼かれ、雪の中を逃避行。

 もう、これでもか! これでもか! という折檻が襲い来る。

 当然R15指定です。ええ、まごうことなきR15なのですよ。

 話はそれるが、本編は4章構成になっていて、その第3章には、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウをやっていた人と、スタニスの相談役だった「紅の魔女」が出てきます。

 まんま、キャスティングが『ゲースロ』です。ええ、頭の中がゲースロで一杯になります。

 閑話休題。

 で、さんざん、ヒドい話を見せられるんだけど、ラストで、胸の奧をギュッと掴まれるような感じになって、なんだか良い映画を見たような気になってしまいます。

 うんうん。わたしがチョロいだけなのでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
暇人

5.0濃い

2018年1月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

昔の西部劇をテレビで見るのが好きです。
たぶん西部劇の頃のものがたり。
こういうことって実際にあったかもしれないよね、もしかしたら今だって似たことがおこなわれているかもしれないよね、と思う胸くそ悪いこと。
彼女が正義ではないけれど戦わなければ。
ところどころにほんの少しだけ出てくる「善人、善意、敬愛」に救われる思いにもなるけれど、全編通してすごく不愉快。グロもそこでそこまでそんな描写するかー!って。

お金もかけてるとは思うけど、まさに「映画」。こういう重さ久しぶりでした。
過去の異常な暗黙の慣習、今でも闇に葬られているであろう変態行為。罪とか合法とかそんなんじゃなくて許せない殺したいって思うほど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らっこおやじ

4.5過酷な人生

nakadakanさん
2018年1月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

主人公を執拗に追い詰める牧師は、色々な意味でかなり恐怖を感じました。
西部劇の時代、精神的にも肉体的にも残虐な描写が多いです。
家庭や社会で虐げられる女性達が描かれ、主人公の人生も過酷なものですが、抗い生き抜こうとする姿は印象深いものでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nakadakan

4.0目を逸らせない

KinAさん
2018年1月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あまりにも苦しい物語に激しい嫌悪感と憎悪を抱かせられる。
執拗に追いかけてくる牧師のあまりに気持ち悪すぎる執着と欲望とその非道な仕打ちに反吐がでて仕方なかった。
強い男尊女卑の描写もかなりキツく感じたけど、何故か引き込まれてしまいどうしても目を逸らすことができなかった。

過去と現在を行き来して全てが繋がったとき、最後のシーンでは嗚咽が止まらなくなった。
強く戦い壮絶な人生を生きる女性だったリズの物語に少しの救いを見いだせて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KinA

4.0とても良い映画

stoneageさん
2018年1月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

あの娘はきっと、「保安官を殺ってくれ!」と、母の仇をC.イーストウッドに依頼したはずだ!(笑)この映画、かなり面白い!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.0重すぎる運命に翻弄される女性の生きざま。

BB-8さん
2018年1月9日
PCから投稿

これは時間も長いが中身も重厚というかとにかく重すぎる運命に翻弄される女性の一代記に、やるせない生きざまを見た。

西部劇時代の男尊女卑的なシチュエーションのオンパレードなうえに一番狂っているのが神父という救いがたいドラマだ。
今まさに映画界はセクハラ騒動の喧騒の中にあるご時世に、よくぞこんな題材が映画化されたものだ、と思ったらオランダ資本作品なのね。

それにしても、これでもかという不遇の連続と描写に、正直観る側には重すぎるし、観るに堪えない場面も有るが、それでもこの長編を最後まで飽きる事なく観せられたのは、チャプター形式で本当に小説を読んでいるかのような時間軸をも工夫したストーリーテリングと演出には観るべきところがあったからだろう。
途中で睡魔でも来たら、もう後はよく筋立てが解らなくなる作り方だ。

ダコタ・ファニングの成長にも感慨ひとしおだが、役者ではやはりガイ・ピアースの極悪の権化演技に大いにすっかり持っていかれた。
最近のゴシップで、あのヒドイ目に合わせた奥さん役の女優とくっついて子供が出来たというニュースにホッとさせられる。

演出、編集、撮影、そして重厚な音楽があのオランダ人ジャンキーXLことトム・ホルケンボルフのミサのようなスコアが素晴らしい。
観るべきところが多い佳作だが、内容と後味の悪さから、あまり今後も見返そうとは思えない作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
BB-8

3.0都合の良い信仰心

Bacchusさん
2018年1月8日
Androidアプリから投稿

西部開拓時代のとある小さな村で旦那や子供たちと暮らす言葉を話せない助産師と、その村にやって来た顔にキズのある牧師の話。

当然ながら実際の西部開拓時代を知っている訳もなく、国や時代や宗教観等々テレビや映画からの情報と知識しか持ち合わせていないが、ある意味グロく非人道的な女性の立場や扱われ方を生々しく感じる部分が多々ある。

不幸と一言で表現してしまうと余りに短絡的だけど、主人公に次々と降りかかり逃げられない様々な過去からの出来事により、モヤモヤ感と胸糞悪さが蓄積されて非常に良かった。

ただ、この作品の展開からいうと、最後までどす黒く行くか、救われて尻上がりかと思っていたけど、取って付けた様な娘の描写が中途半端でズレているように感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus

4.5ブリムストーン

2018年1月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2018年2本目の劇場鑑賞。
西部開拓時代を舞台に贈る衝撃のウエスタン・スリラー。
言葉を発することができない人妻を主人公に、
信仰の名の下に数々の悲劇を味わわされ続けたその凄絶な人生を、
彼女を執拗に追う狂気の牧師とのミステリアスな関係を軸に、
過激な残酷描写を織り交ぜつつ全4章立ての構成で描き出す。
新年2作目の作品も凄かった。
本作のインスパイア元となる作品は「狩人の夜(1955)」です。
4章立ての構成なんですが、
現在から過去、
過去から過去、
過去から現在へと戻ります。
上映時間が2時間28分なんですが、
章が進むにつれて話がつながっていき、
じわじわとくる緊張感で長さを感じなかった。
すっかり女性らしくなったダコタ・ファニング。
本作では口がきけないシーンがほとんどだけど、
彼女の表情で見せる演技が素晴らしい。
牧師の狂気と異常さを演じるガイ・ピアースが、
強烈な存在感をみせる。
残虐描写も見応えあり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しょうちゃん
「ブリムストーン」の作品トップへ