DARK STAR H・R・ギーガーの世界のレビュー・感想・評価

DARK STAR H・R・ギーガーの世界

劇場公開日 2017年9月2日
8件を表示 映画レビューを書く

巨匠ギーガーのドキュメンタリー

H・R・ギーガーのイラストは以前から好きだった。
きっかけはもちろん「エイリアン」。

フェイスハガー。
チェストバスター。
ビッグチャップ。
そしてなんと言ってもスペースジョッキーが衝撃的だった。

グロテスクさとメカニカルさが融合したデザイン。立体物を手にとって初めて感じる艶めかしさ、美しさ。これらは今の目で見ても斬新であり、どこかこの世の物とは思えない神聖さすら感じる。

横浜山手の画廊に行ったのも印象的だ。規模こそ小さかったものの、貴重な原画を直に見た時の衝撃は今でも鮮明に覚えている。

この映画は、そんな悪魔絵師・ギーガーの日常を追いながら半生を知ることができる。記録映像としても貴重な一本と言える。

これまでバイオレンスでエロティックなものと思われていた彼のアート。
それが実は生と死を同居させた作品だったとは。

幽霊電車に跨り子供のようにはしゃぐギーガー。
初恋の女性の死を振り返り、涙を必死に堪えるギーガー。
自らの半生を「幸せな人生だった」と振り返り笑顔を見せるギーガー。

あの悪魔的な絵から想像出来ないほど、彼は人としても魅力的だった。

ジョイ☮ JOY86式。
ジョイ☮ JOY86式。さん / 2019年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エイリアン以後

エイリアンの創造主、H・R・ギーガーのドキュメンタリーで、亡くなる直前を取材している。
初めて見たときの衝撃は今でも覚えているが、エイリアンは勿論のこと、宇宙船のデザインまで独特の世界観に引き込まれた。
「思い残すことはない」と微笑んだ姿が印象的。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

興味のある人なら楽しめる

「エイリアン」のデザインを担当して世界的アーティストになったH・R・ギーガーの晩年を追ったドキュメント作品。
ナレーションやインタビュアーの姿はなく、ギーガー本人や彼の周囲の人々の言葉と、彼の作品で構成されているので、ギーガーに興味のある人なら楽しめるんじゃないかな。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良質なドキュメンタリー 伝記的回顧物と思いきや ギーガーの家の生活...

良質なドキュメンタリー 伝記的回顧物と思いきや ギーガーの家の生活 そこに集う人 をずっと写しながら きちんとギーガーの創作の謎を知れたような気にさせてくれる。
エイリアンがなければ 彼を知ることはなかったが、あの映画はギーガーの世界を動画にした事に意味があるとおもえた。

U-TA
U-TAさん / 2017年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誕生 生殖 死 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

故ハンス・リューディ・ギーガーの伝記的ドキュメンタリー。
ドキュメンタリーとしてかなり秀逸に作り込まれた作品である。そもそも題材であるギーガー氏自身がミステリアスで、それ以上に産み出された作品がアバンギャルドな画風の為、嫌が応にもドラマチックな展開になってしまう。それでもなるべく自然に、淡々と語られていく構成の妙に唸らされてしまう。
ナレーションはなく、あくまでも本人及び脇を固めるスタッフ逹の語りが続く。又、そのスタッフが濃いキャラで、元妻や恋人、ファンや精神科医で、それだけこの人が周りに好かれていたのが一目瞭然である。
類いまれなる異才の持ち主であり、それを現実化する技術力の高さ、天才故の頓着がない非現実な暮らし等々、どの切り口でも魅力的なエピソードに事欠かない。そのエピソードを丁寧に紐解き、まとめあげる編集も又、高い次元を保っている。
『エイリアン』のデザインだけでない、人を惹き付けて止まない作品のテーマは表題の通り。だから生物の本源的なモノを人は興味を無くさず、目を奪われるのだろう。
飄々とした立ち振舞いや庭にミニトレインを走らせる子供っぽさ、宵越しの金を持たず有り金全部自作品につぎ込む切符の良さ。こんな自由な人があの第二次世界大戦を潜り抜けてきたかと思うと改めて次元の違う人の生きざまを垣間見た感動である。
バブル時期、白金にあったギーガーズバーを訪れた時の圧倒的世界観にヤラれた自分としては、充分満足できた観賞であった。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年9月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

悪趣味な恐がり

何処かにアーティスト性が見えるかと思ったら、悪趣味の親父だった。

それだけ。

オタク野郎です。

ゆたか
ゆたかさん / 2017年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギーガーさんはお茶目

ギーガーさんはお茶目だね。
彼の人柄と作品と生立ちから芸住家へそして成功と大衆化、さらに終焉へ。王道のドキュメンタリーでたいへん良かった。とても現地に行ってみたくなる。

岡本太郎と似てるな。とても。

SUZUKI TOMONORI
SUZUKI TOMONORIさん / 2017年9月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗闇の底に光る輝き

ギーガー好きでなければ退屈な内容だろう。しかし随所で大写しになる各作品は、何故か眼を奪われる魅力をたたえる。

深い闇の底にかすかに光る「何か」を見つめたくて仕方ない衝動を抑えられない。

Superlativeness
Superlativenessさん / 2017年9月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報