死亡特急

0%
0%
50%
50%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2005年製作/101分/ドイツ
原題:Im Auftrag des Vatikans

スタッフ・キャスト

監督
ディエタート・ケスター
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0神の審判

2021年10月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

元軍人の修道士ラスコが、先輩修道士マシュー、グラディアスの供でルルド行きの特急電車に乗る。電車内は神の奇跡を求める人々や、シスター・ブラザーたちで混雑している。そこに、研究施設から盗んだ凶悪ウイルスを持った犯罪者4人が、巡礼を装い乗り込んでくる。

実は、マシューとグラディアスは、法皇や教会を守る密命を受けていた。乗客を守りつつ、ウイルスをルルドに持ち込ませず、犯罪者たちを車外に出さないためには、列車を止めず行き先を変えるしかない。元々、逃走手段として乗車した犯罪者は、それに気づいて何とか列車を止めさせようとする。修道士VS犯罪者。

戦いが始まってすぐにマシューが殺されてしまい、ラスコが後を引き継ぎ、グラディアスとペアを組むことに。すでにラスコはマシューに見込まれていたのだ。

とにかく何がぶつかってきても、進み続ける特急列車。車やヘリが大破しても、痛くもかゆくもない。特殊合金でできてるのか? 警察も安易な作戦しか取れず、現場の修道士頼み。乗客は見事というくらい鈍感で、誰も異変に気づかない。

ラスコのアクションはなかなか見応えあり。走る列車の上での戦いは、けっこうヒヤヒヤする。

神に仕える修道士は、たとえ犯罪者でも殺さない。反撃はするけど、自らは手を下さず、神の審判に任せるのだ。犯罪者が死んでしまった後は、十字を切る。なんだかマジメなのか不真面目なのか、よくわからん。

主人公はイケメンだし、病気の男の子(ドンくさい)もすごいかわいい。あと、犯人グループの1人が女性で、この人が修道女姿の時が、妙に色っぽくてドキっとした。

それなりにお金はかけた作品。特に火薬に。爆発はたくさんあるので、炎を見てスカっとしたい人におすすめ。

テレ東の放送にて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぷにゃぷにゃ

2.0修道士でも…

ROSEさん
2021年10月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

グラディアスの活躍が何気にカッコいい!
修道士でも○○していいよね!?(^^)

サタ☆シネにて

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ROSE
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る