シークレット・オブ・ハロウィン

劇場公開日

シークレット・オブ・ハロウィン
9%
46%
27%
18%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

オーストラリアの新鋭ニコラス・バーソが監督・脚本を手がけ、かつて親友同士だった2人の男子高校生がハロウィンの夜に体験する不思議な出来事を描いた青春ダークファンタジー。高校生のコーリーは、不良仲間たちとつるんで同級生のジョナをいじめている。コーリーとジョナは子どもの頃はいつも一緒に遊んでいたが、ある出来事をきっかけに疎遠になったのだった。ハロウィンの夜、相変わらずジョナをいじめる仲間たちにうんざりしたコーリーが思わずジョナを助けると、ジョナはコーリーを闇夜の中へ連れて行く。そこには、夢とも現実ともつかない奇妙な世界が待ち受けていた。ジョナ役に「ダーク・シャドウ」のガリバー・マクグラス。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(17年7月15日~8月18日)上映作品。

2016年製作/112分/PG12/オーストラリア
原題:Boys in the Trees
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C) 2016 Boys In The Trees Pty Ltd, South Australia Film Corporation, White Hot Productions Pty Ltd, Michael Gudinski Promotions Pty Ltd, Kojo Productions Pty Ltd, Tulla Capital Management Pty Ltd, Romco Blue Pty Ltd, John Molloy, Mark Morrissey and Jaga Securities Pty Ltd

映画レビュー

4.0前へ進むためのハロウィン

shotgunさん
2019年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

不良グループに所属するコーリーはハロウィンの夜、いじめられっ子のジョナを家まで送ることになり…。
かつての親友との対話により未来への道を見出す作品。ファンタジーより青春要素が強く、逃げるためではなく前へ進むための選択の大切さを教えられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

4.0「嘆きの川」

2017年11月18日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@yu-chan-nel

4.5新鋭監督の今後に超絶期待できる名作

幸ぴこさん
2017年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

萌える

マイナー作品にしておくにはあまりにも勿体無い、大人の心を揺さぶる名作。
宣伝からの先入観なしに、是非手に取って貰いたいと久しぶりに思った映画。

衣装やメイク、音楽で序盤はティム・バートンのダークファンタジーを観ているような気持ちに。でも物語が進んでいくと、不良グループに属するチンケな主人公が不思議な体験をする一夜限りのB級ファンタジー作品ではない事がすぐ分かる。なんというか、とにかく惹きこまれた。『ハリー・ポッター』の原作を初めて読んだ時の感覚に近い。

最初はジョナのしつこい煽りに鬱陶しさを覚えるのだけど、要所で子供時代の思い出が蘇ってくると親しかった友達と疎遠になった気まずさをじわじわ抱きながら、その罪悪感を隠し切れないコーリーに何だか感情移入してしまう。
幼い頃の遊びをもう一度二人で繰り返しながら、夢にまっすぐになれず不良グループに属して自分をくすぶらせるコーリーに苦言を呈するジョナ。コーリーが少しずつ「成長しなければならない自分」を受け入れていくのが嬉しくて可愛い。単なるチンピラだった当初のシーンと顔つきが全然違うように見えるのも凄い!
ファンタジー要素も強いけど、ヒューマンに分類したくなる良い脚本と人間関係。最後の最後に一気に切なさが押し寄せてしっとりと泣ける。ハロウィンの夜に毎年鑑賞してもいいんじゃないでしょうか!!この監督の作品はまだまだ観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
幸ぴこ

3.5狼と羊

Bacchusさん
2017年7月30日
Androidアプリから投稿

幸せ

悲しい

不良グループの一人の少年が自分達のグループにいじめられている昔仲良しだった少年と向き合いハロウィンの夜を共にする話。

いじめという卑劣な行為に嫌気がさし、仲間から離れて行動した少年の前に、かつての親友が姿を現し、昔を懐かしみ子供の頃の遊びを再現していく。

ありがちと言えばそれまでだけど、青春、成長の物語であたたかくくすぐったい良い話。

決意をし前を向いた主人公の少年と不穏になって行く空気感のなか、過去のことと現在のことみえてきて、どういうことかと頭がぐるぐる…切なさと悲しさと希望が入り交じった温かい気持ちにさせられた。

マイナー作品にしておくには勿体ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シークレット・オブ・ハロウィン」以外にこんな作品をCheck-inしています。