劇場公開日 2017年6月17日

「危なっかしい2人、でも、見入ってしまう」ハーフネルソン ゆうさんの映画レビュー(感想・評価)

3.214
5%
43%
43%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0危なっかしい2人、でも、見入ってしまう

ゆうさん
2017年12月24日
iPhoneアプリから投稿

ライアン・ゴズリングは麻薬中毒者だけど、昼間は黒人街の教師を真面目に果たしている、生徒思いのいい先生。何故かセクシーで清潔感もある。ライアン・ゴズリングのちょっと影があるイメージに役柄が良く合っている。

教え子の少女と秘密と孤独を共有することから、ぐっと関係が近くなり、教師と生徒の関係から友情が芽生えて行く。

少女の目もすごく澄んでいて、大人と子供が同居する多感な感じが素直に演じられていて、好感が持てた。

2人が友人である限り、何とかなりそうな気がした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆう
「ハーフネルソン」のレビューを書く 「ハーフネルソン」のレビュー一覧へ(全14件)
「ハーフネルソン」の作品トップへ