「誰でも認知症になる可能性がある」おじいちゃんはデブゴン kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

おじいちゃんはデブゴン

劇場公開日 2017年5月27日
全31件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

誰でも認知症になる可能性がある

 ついにサモ・ハンも認知症。犯人目撃証言をしようにも忘れてしまってるのだ。『燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘』(2010)ではブルース・リャンがじいちゃんに。かつてのカンフースターも皆いい年齢になってるんですね。

 前半は博打好きのレイ(アンディ・ラウ)のアクションが光る。ここまで出来るのなら、最初から強盗やってれば?などと思うくらい凄い。特にホテルのらせん階段を自在に飛び回るところがいい。

 チョイの手下が逃げたレイの家を狙う。そこにボディガードのディン(サモ・ハン)が立ちはだかるという展開だ。しかし、物忘れがひどいので、犯人の顔を思い出せない。誘拐に失敗したチョイたちはレイが帰ってくる自宅で彼を刺し殺し、火を放つ。怒れ!サモ・ハンと手に汗握るが、やっぱり物忘れがひどくてチュンファのことも忘れてしまいそう・・・彼女が描いた絵や天使の羽を見て思い出せよ・・・

 チュンファを探すため、チョイのアジトに乗り込んだディン。そこからは激しいアクションの連続。さらにロシアンマフィアまでもが宝石奪還のためにやってくる。ついでにこいつらもやっちまえ!てな感じで激闘は続く。やがて警察もやってきて、逃げるロシア人とのど派手なカーチェイスが繰り広げられる。そして生き残ったチョイを追いかけるが、、無理せずに、電気屋で買ったばかりのボイスレコーダーでチョイの犯行告白を録音するディン。しかし、結局は録音されてなかった・・・笑うべき?

 色んな記憶を忘れていく認知症。でもカンフーだけは体が覚えてるんですね。最後はちょっと盛り上がりに欠けているのが残念。

kossykossy
さん / 2019年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi