劇場公開日 2016年9月24日

  • 予告編を見る

白い帽子の女のレビュー・感想・評価

2.617
1%
27%
40%
22%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全17件を表示

4.0アンジェリーナ・ジョリー・ピットという作り手

カメさん
2020年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.0
アンジーが監督というだけで食わず嫌いでいた自分を恥じる。作品性も高く、伝えたいテーマをしっりともっている。監督だけでなく脚本もアンジーが手掛け、100%彼女が伝えたいテーマを映像化している。夫婦の在り方を、新婚、熟年、妻と死別した老人とを対比させ、まさにこの愛がごぼれ落ちない様に人生をも描いている。
ブラピ、アンジーという実夫婦だから出来たリアルな空気感が、物語に入り込める要因の一つでもある。
アンジェリーナ・ジョリー・ピットという作り手を追ってみようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

0.5タイトルなし

ケイさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.0NYで何があったのか

2020年1月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

知的

明るい南仏の白いリゾートホテルに中年の小説家夫妻が越してくるが、なぜか妻はツンツンと不機嫌で物思いにふけりるばかり、夫は書けないままにイライラと酒に溺れる様は結婚14年、明らかに破綻している。いったいNYで何があったのか。静かで明るいプロローグから一気に引き込まれて行く。

主演の二人が実生活で夫婦であることが頭の隅にあると乗って行けないだろう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フレンチカンカン

3.5独特な雰囲気

雨音さん
2019年7月12日
Androidアプリから投稿

知的

あらすじ自体はどうってことないようだけれど、視覚的には結構凝ってるのでは?優雅だけれど淀んで気だるく、メリハリがない。そんな雰囲気がストーリーにマッチ。人生にはそんな時期もあある。「By the sea」タイトル凄くいい。こんな場所で人生仕切り直してみたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨音

5.0名車シトロエン

きりんさん
2018年8月23日
Androidアプリから投稿

アンジーの監督・制作。
実際の二人の離婚も さもありなんって感じ。

ブラッドもよくこの映画に付き合ったよね。同性としてはその夫としての思いやりに万感の拍手を送りたい。

ストーリーは、病人の出てくる病的な映画なのでこんなんで仕方ないでしょう。

でも!
冒頭とラストに、光と風の中を疾走する名車【シトロエン・シュプロン】を見れたから星5つなんです。感動。

マニアから借り受けたのでしょう。こんなに状態の良いクラシックカー。
潮水の中に惜し気もなく入ってしまうシーンは「あ"~!」と声が出てしまった。

原題は「海辺にて」。
仏車好きにはたまらない逸品です。
・・・・・・・
オープンカーの映画は僕はしらみつぶしに観ていますネ。

オススメ2題は、
「泥棒成金』
グレース・ケリーが助手席にケーリー・グラントを乗せて走った。これが、サンビーム・アルパイン。
当時のあまりにもチープなカーチェイスシーンは抱腹絶倒。大真面目なだけに笑える。

「ローマ発、しあわせ行き」
イタリアのラブコメディ。赤いアルファロメオが老婆の初恋を乗せて逃避行。

かつては僕もオープンカー乗り、
きりんレビュー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

4.0邦題が的外れ

素子さん
2018年6月29日
iPhoneアプリから投稿

内容は良かった。関係が微妙な熟年夫婦が、新婚夫婦に嫉妬して覗くようになる。終盤に過去が明らかになるが、大方は予想できる。傷ついた過去を持つ夫婦の静かな再生、あんまり感動もなく、淡々と描かれていて日常的でいい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

2.0壊れた女

2017年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

寝られる

アンジェリーナ・ジョリー・ピット主演・監督作品で共演はブラッド・ピット。
ブラピは小説家、妻のアンジーはダンサーだが訳あって精神的に参っている。
こんな夫婦が南仏にやってきたが、ホテルの部屋で隣との壁に覗き穴を見つける。
隣は新婚旅行の夫婦が泊まっていた。
大スター夫妻の私生活を覗き見るような映画。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0倦怠期夫婦の話か❔

2017年6月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

景色だけが救いかな

なんだか後味が悪い

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
れこほた

1.5理解不能 アンジェリーナジョリーの演技が好きじゃない

shankarさん
2017年5月25日
iPhoneアプリから投稿

理解不能
アンジェリーナジョリーの演技が好きじゃない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shankar

1.0想像通りではあった

エリーさん
2017年2月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アンジーやりたいことだけやっちゃった感じ
夫婦のPVみたいだった
終いには、最後の落ちががっかりびっくり
そりゃ病むでしょう〜
終始詰まらなかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エリー

2.0黒い帽子でもある。

2016年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、映画館

BY THE SEA
洋題のがいい!ぜったい。
何かが始まりそうで始まらない映画だった。
夫婦あるあるいいたい映画??
もしかしたらホラーだったのかもしれない!
アンジーの顔がホラー
離婚の危機でこんなにタイムリーなのになぜ話題にならないのか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もこりんぺん

2.0邦題失敗だねっ お隣の夫婦がいい迷惑ぅ〜 やっぱ あんな穴見つけち...

snowballさん
2016年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

邦題失敗だねっ

お隣の夫婦がいい迷惑ぅ〜

やっぱ
あんな穴見つけちゃったら
覗いちゃうのかな⁈

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
snowball

2.0結局何を表現したかったのかな

yoiteさん
2016年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

夫婦って、時期が立つとこんなになってしまうのかな。女性の方が複雑で、か弱いのは理解できるけど、こんなわがままでは男性の方がたまらん。自分の母親を見ているみたいで、嫌だった。又、ピット夫妻の現実を見ているようです。そして、邦題の白い帽子って、何を表現したかったのか、良く解らんです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yoite

3.0アメリカ映画だったんだ

2016年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

雰囲気あって美しいフランス映画っぽい映画。
どんな映画化か知らないまま観ていました。
もう少し大きな展開があるのかと思っていましたが、案外内に籠ったお話し。
やっぱり邦題がダメ!
期待してしまうじゃないですか。
直訳で良かったのに。

ただ、ここでホテルや食堂を開いている二人の老人が素晴らしい。
ある意味羨ましい・・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネパラ

3.5自分のエゴに向き合う

Momokoさん
2016年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

つらい出来事、悲しい事があった時、人はどうやって立ち直っていくのか?
この映画は身につまされるように赤裸々にえぐっていく。閉じこもり、嫉妬、酒、タバコ、会話もいたわるつもりなのか、傷つけるつもりなのか、わからない時がある。
立ち直るまでには、まだ時間がかかりそうだけれど… 正直、疲れました。色々な部分で自分を見ているようでした。
ロケ地のマルタの美しさが救いです。
白い帽子がどうしたのかな?みたいな邦題ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Momoko

2.0アンジーによるアンジーのための映画

2016年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

Pitt夫妻の離婚訴訟が報じられたばかりだが、平日16時45分のシアターは閑散としていた。「ハドソン川の奇跡」とはえらい違いである。話題性は必ずしも興行成績に結びつかないということだ。
舞台が南仏ということもあり、映画ではフランス語と英語が使われる。登場人物にアメリカ的な喧噪はなく、ホテルで過ごす夫婦の気怠い日々が淡々と過ぎていく。若い頃によく使っていた「アンニュイ」という言葉を思い出した。

映画は壊れかけた夫婦関係の話である。夫は懸命だが、妻は自分の殻に閉じこもっている。夫婦だけで過ごしていたら、いつまで経っても何も進展しないが、他人が絡むことによって、こんがらがった糸が微妙に解れていく。
夫婦間のコミュニケーションとセックスのありように主眼を置いた愛がテーマの、フランス人好みの映画のように見えるが、そうではない。フランス人なら世界の本質に迫ろうとする客観的な見方があるが、この映画にはそれがない。やっぱりアメリカ映画である。
あるのは妻ヴァネッサから見た世界だけだ。世界や他人がどうなるかではなく、自分がどう感じるかだけが問題なのだ。それは取りも直さず、監督脚本主演であるアンジーの世界観に等しい。

観客は振り回される夫ローランドに感情移入しても、妻ヴァネッサには感情移入できない。ローランドと同じようにヴァネッサのひとりよがりに振り回されるうちに、映画は終わる。最初から最後までヴァネッサの自分探しみたいな作品だ。アンジー監督が自分自身のためだけに作った、思い出のアルバムである。そこに等身大の女はおらず、愛もない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

0.5最後までつまらない

映録助さん
2016年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

飛行機の中で見た作品。
主役二人の共演ということで見てみたが、最初から最後まで、ずっとつまらない作品でした。
ストーリー上の核心と言える「問題」の謎が最後に明かされますが、それがまた目が点になるほどくだらない。
こんな映画にお金払って見る人なんかいるんかなと思うほどです。よほど出演者のファンでない限りまったく見る理由がありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映録助
「白い帽子の女」の作品トップへ