劇場公開日 2016年2月20日

  • 予告編を見る

大地を受け継ぐのレビュー・感想・評価

4.35
58%
21%
21%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

4.0【福島原発事故を風化させない、意義ある作品。当時の東電幹部と政府の要職に居た者は正座して見るべき作品でもある。】

NOBUさん
2021年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ー 福島第一原発の事故後、福島で苦悩しながら農業を続ける家族と東京の若者たちとの対話を描いたドキュメンタリー ー

■感想
 ・ごく普通の若者達が、福島原発により、先祖代々受け継いだ土地を汚され、苦悩してきた経緯を話す男性が、訥々と、時に涙し、話す内容に、涙を流しながら、聞き入る姿。

 ー福島原発事故を受け、農作物出荷停止のファックスが届いた翌朝、福島県須賀川市で農業を営む1人の男性が自ら命を絶った。残された息子の樽川和也さんは、母の美津代さんと今でも畑を耕し続けている。複雑な思いを胸中に抱えつつ・・。ー

 ・東京からやって来た学生たちを前に、汚染された土地の作物を流通させる生産者としての素直な罪の意識(彼らには、何の落ち度もないのに・・)、東京電力との戦いなど、終わりが見えない現在進行形の、さまざまな葛藤が語られていく・・。

<樽川さんの数々の言葉は、あの事故により人生を狂わされた多くの人々の声を代弁しているようだ。
 ”風評ではない、現実なんだ”
 彼の福島原発の”人災”を風化させない意義ある作品。東北の、そして福島の民は、あの時の事は、決して忘れない・・。
 現宰相は先日の発災10年の式にて”福島は確実に回復しつつある”と述べたが、福島の状況は好転していない。>

<監督の舞台挨拶をお聞きした。
 ここには書かないが、興味深い話を沢山聞く事が出来た。
 シネコンでは絶対にかからない今作が、近くで上映されているようであれば、鑑賞されることを強くお勧めしたい作品である。
 気骨ある、聡明な監督さんであった・・。>

<2021年3月21日 刈谷日劇にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.0表現できない傷

2016年3月7日
スマートフォンから投稿

映画上映するにも、電気が要る。携帯いじる時は、コンセントから、充電。そのコンセントの先には…。人は、便利さの代償に、多くを失ったようです。゙風評ではない現実"と、闘うお兄さんが、直面する現実は、゙コメ作っても、メシが食えない"と云う事実。この国の食料自給率が、心配です。目に映らない物質も、゙表現できない傷"も、おそらく、消えません。それでも、受け継がないとね。他の誰かではなく、私達が。だから、多くの人に、観てほしい。テレビ放送するにも、スポンサーつきそうもない話ですが。人が汚した大地で暮らすことが、今を生きることなのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
機動戦士・チャングム

5.0生きざま

waka0128さん
2016年2月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画の現実は、
東京にいるとわからないし、
知らないまま過ぎてしまう。
言葉の中の「生きる」
の重さ大切さ。
ラストのある風景に
胸がいっぱいになった。
今、語ってくださったことに
感謝したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
waka0128

5.0大地を受け継ぐ

2016年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
細川弘乃

5.0知って欲しい

2016年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

知的

ドキュメンタリー映画である。それも、ほとんどが樽川さんの語りである。
福島第一原発から65km離れた福島県内の農業を営む息子と母は、原発事故からの経験の語り部である。
映画の中で語られたことで、初めて知ったこともあった。
原発問題など、考え、判断するために、知って欲しい。知るために観て欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
☆くっきー
「大地を受け継ぐ」の作品トップへ