DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧のレビュー・感想・評価

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧

劇場公開日 2015年12月26日
26件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

25年の歩みを過不足なく描いた電気入門書

電気はテクノをできるだけポップスに消化して卓球個人は海外シーンに同期した音楽といったように、アウトプットの仕方の違いが興味深い。意気込んだドイツのステージでケンタウロス着ぐるみの瀧。「シャングリラ」が出た1997年は夜中のエロ番組をこっそり見ながら耽ってるときに、よくかかってた印象が今でも強く残ってる。コンビニに行く感覚でフジロックのメインステージに向かう瀧の背中のなんとカッコいいことか。レコード会社の能天気なまでの商業主義スタンスが潔い。ラストは2015年のライブリハで仲睦まじく談笑するふたりのヒトコマで幕。

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

改めて聴きたくなる

確かにオッサンになりましたが生み出す音とバカっぷりはまったく変わらず。
二人の才能の凄さを改めて思い知らされる良い作品でした。
卓球の笑いのツボが訳がわからなくて、やはり鬼才だと。

カタヤマ
カタヤマさん / 2017年9月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドキュメント?

石野卓球とピエール瀧、本人たちのコメントが無いところが良かった。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

電気のアンソロジー

人生から始まる歴史とメンバーインサイトを辿る構成

コアなファンにとっては既知のことが多くて
物足りないかも
ただ、電気から遠く薄めのファンにとっては、良質なショートアンソロジーで、電気の魅力を再確認できて良かった

ビタミン〜ドラゴン〜オレンジ〜A
における
疾走〜ドン底〜起死回生の経緯は、
リアルタイムだったし 胸が熱くなった
その後のvoxxxでの到達点も!

今更ながら、
NOが 人生時代から楽曲だと再確認

中上健次の 19歳の地図 のような
卓球の、剥き出しの青春ナンバー

今日は電気を聴こう!と思う

isukee
isukeeさん / 2016年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供なおじさんたち

面白かったけど、ドキュメント映画ならもっと「うわっ」という場面も欲しかったり。でもすごいな〜、改めて聴き返したくなった。

鍵泥棒
鍵泥棒さん / 2016年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エウレカのエンディング

勿論、その前から電気グルーヴの存在は知っていたのだが、当時から理解不能な活動をしていた。ナゴムレコードに居たことも、この映画で知った。
近年では、滝は俳優業、卓球はドイツで有名になる、マリンは脱退して久しい、そんなこと位しか情報はなかったのだが、今回このドキュメントを観て、改めて電気グルーヴというグループの、日本の音楽シーンで稀有な存在なんだという事実を見せ付けられた。膨大な映像をディレクティングした人は、大根仁。今までの電気グルーブの真相みたいなものを赤裸々に語っている本作は、ファンにしてみればありがたい内容だったことだと思う。
で、ファンでない人はどう観ればよいか?
此の二人の類稀なるパワーを体感することが正しい観方なのではないだろうか。インタビュー受ける人殆どが、此の二人の圧倒的なパワーに引き込まれてしまっている。その様を映像によって擬似体験することで、人間の持つポテンシャルには上限がないということが認識できるのではないだろうか。
有り余るイマジネーションとそれを具現化するインテリジェンス。そして常に『ふざけ』を漂わせることで、真実を覆い隠す。一種のマジシャンなのかもしれない。
稀代の策士である石野卓球、ピエール滝。此の二人のお陰でどれだけの人間が巻き込まれ、そして奇妙な夢をみてきたのか、想いを馳せずにはいられない、貴重なドキュメンタリーであった。芸人、アーティスト等々、才能がある人間はきちんと破綻している。

いぱねま
いぱねまさん / 2016年1月24日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

セカオワのパクリだった

エンドロールの最後の最後まで観たけど、本当にセカオワのパクリ過ぎて腹が立った!

はんやん
はんやんさん / 2016年1月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変わらない良さ

映画としての評価は電気グルーヴのファンなので難しい。

たぶんミュージックアーティストのドキュメントタリーとしては可もなく不可もなくまとめられているのでは。
昔からのファンであれば大抵のことは知っているし、彼らの機転となっている出来事はおおよそ抑えられている。

電気グルーヴのファンからすると映像をスクラップしてメタドキュメント風にすると喜んだかも。

今だからできた真面目な電気グルーヴの歴史が観られる貴重な映像。
テレビに出ている”俳優 ピエール瀧”を”電気グルーヴの ピエール瀧”として知ってもらうことだけでもこの映画の価値はある。
映画の中で元メンバーの砂原良徳が言っているとおり”瀧 がんばれー”はファンも思っているはず。

これをきっかけにもっと電気グルーヴを知ってほしい。
幸い観に行った映画館では若い人も結構来ていたので、ファン層も広がっているのだなと、いちファンとして嬉しい。

25年、それ以上の年月にもかかわらず卓球・瀧の関係性が変わらないのがすごい。今でも学生2人が悪ふざけしているようだ。
これを仕事としてやっていることがさらに凄い。
しかし、そのふたりは既にその領域にはいない。
まったく羨ましい。年月を重ねるにつれ電気グルーヴの影響は拡大しつづけるだろう。

この映画はまだ電気グルーヴの途中を映し出しただけに過ぎない。
これからも彼らの悪ふざけに付き合いたい。

すみすみ
すみすみさん / 2016年1月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ファンではない者の感想

何曲か知ってて、初期よりもここ数年の活動に興味がある、という立場からの感想です。

彼らのインタビューを一切入れない、という手法は良いとして、それならば、何箇所か入っている今の彼らのキャッキャ言ってる映像を、もっともっと入れるべき。
構成も、過去のライブ映像と関係者インタビューが順番に長々と続いてる印象だった。はたして、このようなとにかく歴史を追いました、みたいな内容でよかったのか?無いなら仕方ないが、過去のプライベートショットをもっと効果的に多用したらよかったんじゃないか?

歴史を語る上で必要なエピソードが、ナレーションだけで処理されてたが、これはもうひと工夫いるだろう。あまりにも安易ではないか?
そもそも、必要ないナレーションが多いし、何故英語なんだろう。安っぽいし白々しい。

しかし、彼らのパワーは伝わった。ラストの少々中年太りの石野卓球は、かっこよかった。

buckaroo
buckarooさん / 2016年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懐かしいヒストリームービー!歌詞、今でも覚えてるもんだな〜口ずさみ...

懐かしいヒストリームービー!歌詞、今でも覚えてるもんだな〜口ずさみながら観てた。

マサロック
マサロックさん / 2016年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごい!テンション上がる作品!

ライブ映像を中心に電気グルーヴの25年の軌跡を収めたドキュメンタリー映画。
デビューライブから2014年のフジロックまで、基本的には時系列に並べつつ、関係者のインタビューがはさまれる。卓球と瀧のインタビューはない。
単純に時系列にライブを観た感じだが、とてもよかった。懐かしさを感じるだけでなく、電気グルーヴのすごさを見せつけられた気がする。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2016年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思いのほか手堅くまとまった電気ヒストリー。

特にファンでもなく、なんとなく興味があった程度のぼくにはドンピシャの優しい内容だった。なんならキレイにパッケージされすぎていて、もう少し破天荒さが欲しかった気もするけれど、ただの無いものねだりなんだと思う。そもそも音楽モノは好物だから、2014年のフジロックを導入に、過去のライブ映像満載なのがとても良かった。映画館を出て速攻、映画と同タイトルのセレクションアルバムを買った。やっぱり本領はライブなんだろうなあ。うーん、行ってみたい!

lylyco
lylycoさん / 2016年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

超馬鹿みたいなのにジーンとくる

電気の音楽以外のところは、ロッキンオンでのしょうもな面白い毎号の2ページのことしか知らなかったんですけど…………石野卓球って本当に才能の塊みたいな人間なんですね。面白いだけじゃない。ピエールも。
編集も大根さんらしくて、ただのジャケを映すだけにも凝っていて、ファンにとっては最高に面白いビデオになっていると思います!
かしこまったドキュメンタリーっていうより、電気グルーヴっていう大きなお祭りの、後夜祭ムービーみたいな、そんな感じ。笑
だからなんか超馬鹿みたいなのに、ジーンとくる。そして上映中ずっと楽しい。終わったあとも。すぐ電気の曲聴いちゃったりして。
もう一回見たい。

ひな
ひなさん / 2016年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

オサレアイコン入門者向け。

未だ知らない人に電気グルーヴを紹介するのは最適の一本。

その代わり古くからのファンとしては、まさに「オサレアイコン」になった彼らを体現するかのように映った。

時系列を折った丁寧な作りながら、既知の事実の羅列。
本人たちの言葉・インタビューはほぼ無し。

音楽的な部分の進化はさておき。
いつの間にやら「サブカルだよね?とりあえず聴いとけばオサレじゃね?」のアイコンになってしまっていた彼らを、まさに外野から写した(しかもオサレサイド側で)作風だったのには、正直わざわざ遠征して観に行ったことにがっかりした。

同級生が騒ぐチャートに興味も持たず、土曜明けの3時に目覚ましセットしていた身としては。
「観てないの?とりあえずオラフかわいいね!っていっときゃいいんだよ!」
なんてののオラフと同じレベルで彼らを語ってほしくはないと思ってしまうのだけれど・・・
あれ?ほんとにオラフなんだけどさ・・・

直前に同じ音楽系ドキュメンタリとして屈指の力作「スライ・ストーン」を観たせいもあるかとは思うが。
今の日本の作る音楽ドキュメントなんて、たとえ大根仁が手がけてもこんなものか…
と寂しくなった作品。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2016年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽関連初

生い立ち等、知ら無い事多く今後の見方変わるかも❔

⭕
さん / 2016年1月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

紆余曲折の26年を周囲の関係者達の直球コメントを織り交ぜたドキュメ...

紆余曲折の26年を周囲の関係者達の直球コメントを織り交ぜたドキュメンタリー。今だから話せるあの頃は、が凄く刺激的で当時のパワーが良く滲んでいた映像だった。ナレーションの入れ方が正解。

Bee
Beeさん / 2016年1月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おバカだけど、実は凄い奴ら! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

コレ実にいいドキュメンタリー作品じゃわ。結成から今までの映像と、元メンバーの「まりん」こと砂原良徳をはじめ、親しいミュージシャンやスタッフなどのインタヴューで、彼等のこれまでの「足跡」をしっかり伝えている。
結成、メジャー・デビュー、勝ち取った栄光、その後の挫折、スタッフとの衝突を経て、そこから這い上がるまで、それから海外での反響、メンバー間の考えの違い、「まりん」の脱退、最高傑作を出した後の活動休止、迷走して、再び歩き出して軌道に乗った後に仲間の急死、そして再び立ち上がって、今に至る。
実はこの間に、彼等は日本のテクノ・シーンを確立させた。この経歴を見るだけでも実にドラマチック。
私は『Voxxx』(2000)からずっと聴いているんだけど、こんな事実があったなんて...長年のファンなんだけど、まだまだ知らなさすぎるなぁ...

兎にも角にも、テクノ・ファンだけじゃなく、日本のロック&ポップスのファンは必見の一本!

極東新天地
極東新天地さん / 2016年1月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高の腐れ縁笑。

僕も2人のように かっこいいおじさんになれるかな。 なりたいなと思った。

永遠に僕のヒーローでありアイドルです。

一生付いて行きます!

卓球 瀧ちゃん ありがとう!

ぜん
ぜんさん / 2016年1月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の中のウラおもて

80年代に産声をあげたものが、90年代に呪縛から解き放たれ、今もなお鳴り続けている。個人的な表の文化は絶えず変遷すれど、ウラではビートが響き続けていた。そんな思い出に浸りながら、楽しませて頂きました。

lynx09b
lynx09bさん / 2016年1月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親友と楽しむ。これ大事

如何に自分らしく居れるか。
自分らしくふざけあう二人の姿を見て幸せになれた。

卓球とピエールの会話を見て、好きな奴と好きなことをとことん一緒に楽しむことが、如何に大事か教えてもらったよ。

電グルを初期から知っている世代は本当に必見。忘れかけてる大事な何かを思い出すかもしれません。

来年は、心機一転頑張ろうと思っています。今年を締めくくる大晦日にこの映画を見れたことは、いい年を迎えられる予感がしました。

TKひっち
TKひっちさん / 2015年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

26件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi