SAINT LAURENT サンローランのレビュー・感想・評価

SAINT LAURENT サンローラン

劇場公開日 2015年12月4日
15件を表示 映画レビューを書く

いいじゃん

あまりの酷評と上映期間の短さに見れてなかったんですが、とても良かった。

確かに、もうひとつの映画に比べて、ストーリー的にはドラマチックではないけれど、イブをとても強く感じられた。

イブの弱さや、天才らしさがとてもよく出てたと思います。

ふわり
ふわりさん / 2017年10月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今は"サンローランパリ"

この作品、かなり酷評ですが、わたしは好きです。

モードの帝王とまで言われ、最先端の流行を常に発信し、トップで走り続け、数々の功績を生み出したまでに、彼も1人の人間として挫折や苦悩、色々あった。

こーゆう業界は流行を1年先みて流行を作ってるから、華やかに見えて大変なんですよね。

才能のある人って個性的な人が多い。
エディが就任し"サンローランパリ"に改名しましたが、今でもたくさんの人に愛されてる。

Riri
Ririさん / 2017年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ごめん時代が違いすぎるのかな失笑

ごめん時代が違いすぎるのかな〜なんつーか中2病のメンヘラレベルで恥ずかしいつーかダサいつーか失笑。陳腐。

ねこ
ねこさん / 2017年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白くなかった 演技は上手いと思う たかが世界の終わりのときと変わ...

面白くなかった
演技は上手いと思う
たかが世界の終わりのときと変わらず
ただ内容は特にって感じ

1112
1112さん / 2017年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

辟易

ファッションを期待して観たいと思った作品。

なのに同性愛とドラッグの繰り返しで、期待していたものとは全く違い辛かった。

なんでこんなに売れなさそうな映画を作るんだろうとも思うが、そういう商業的ではない作品が作れる映画界の余白のようなものは必要だとも思う。

fujistar
fujistarさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

イマイチなサンローラン

イブ・サンローランの映画は、ドキュメンタリーも含め、数本見ているが、今作品はゲイを最も強調されている。
サンローランの洋服はどれもとても美しく、天才だったことは間違いない。
商業化が進んだ現在、このような人物が出てくる可能性は?

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イヴ役の役者さんが良い。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サンローラン役の役者さんの色気&エロスがやばい!中性的で登場シーンから既に色っぽいんだもの。
そして眼鏡男子好きとしてはもうたまらん。お洒落眼鏡ながら目が悪いからかけてる生粋の眼鏡男子(寝るときに外したりかけたりしてるシーン有り)という点もすばらしい。
そしてさすがイヴの衣装がいちいちお洒落で素敵だった。何あのお洒落な蝶ネクタイ。超かわいい。

ただストーリーとしてはなんだか冗長な感じが否めない。フランス映画だから(偏見)?そしてやっぱり詩的な言葉で愛を語らずにはいられないのね(更なる偏見)。

アパレル業界になじみがないとあまり聞き慣れない「オートクチュール」や「プレタポルテ」やらの単語が飛び交うし、時系列が交錯しまくるし、愛称で名前を出されると誰が誰だかわかんなくなってくるし、途中から若干ついていけなかった。笑

そしてムジークがドラッグ食べて痙攣してるシーンとかはトラウマの域(動物愛護団体が見たら怒りそう。。)。

全体として退廃的なんだけどイヴが音楽好きなのもあって作中に様々なジャンルの音楽が登場したのは良かった(飼い犬の名前もムジークだったし)。

R-15ってことで性的なシーンがあるのかなと予感はしてたけど斜め上をいってた。男性の全裸・性器モザイク(しかも上品なモザイク)はびっくりしたな。笑

「服を売りたいのではなくサンローランを売りたいのだ」って言葉が印象的だった。

色々書いたけど総括するとサンローラン役の役者さんがかなりすてきだったのでよしとする。

ゆめ
ゆめさん / 2016年10月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

富と美と若さ

両脇に美女を抱えた若き貴公子が、富と美と若さに飽きて、破滅的な享楽に墜ちていくさまを描いた映画です。が、私はビジネスとしても成功したサンローランしか知りませんでしたが、この映画はサンローラン本人が老醜を気にするまで成功し神格化されたYSLブランドの実態、つまり光と影を暴いてくれました。話が断片的に前後する辺りちょっと『FOUJITA』に似て、スノッブな感じがするかも知れません。でも藤田嗣治も4回結婚してましたし、サンローランも最愛の恋人(♂)に『魂と肉体は別々』とか言って乱交してた辺り一般ピーポーを軽く引き離してますからスノッブなのはむしろ当然ですよ。何よりも映像は美しいですね。長時間楽しかったです。

ted
tedさん / 2016年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的 悲しい 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

破天荒な生活ゆえ、超一流のデザイナーに!

彼と彼のミューズ、愛人、酒とドラッグ、豪華絢爛なインテリアにまで圧倒される、当時のファッション、音楽も魅せる。サンローランの動き、仕草まで丁寧に演じたギャスパーに脱帽!

ペダル
ペダルさん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男と薬と音楽の映画。あと服 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

天才がスランプに陥った時の衝撃というのはこういう事なのか。
薬に男。男と薬。プログレな音楽と美しい情景を見せながらも、夢か現実かわからない日々を見せてくれる。
とにかく音楽と絵の作りは最高に良い。
そしてサンローランさんの表情もなかなかイっちゃっていてヤバい感じプンプンです。それでも彼はこれから復活するというのだからやはりそこも天才なんですね。
総じてこれは上品なドラッグムービーと言えるかもしれません。

えすえふ
えすえふさん / 2015年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギャスパーがサンローランそのも!

近年のサンローランの映画はすべて観てますが…
フランス映画でのテンポの151分はなかり長く、ギャスパーだからこそ観れた感じでした。
美形のギャスパーがサンローランそのものにしか見えない演技力は流石でした。

HIROKICHI
HIROKICHIさん / 2015年12月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギャスパーすごいよっ!

このポイントの大方を
ギャスパー・ウリエル
あなたにあげます!

堕ちるべくして堕ちてゆく
そのデカタンスが
彼の目!その目から
溢れ漂い出てるようでした。

大詰めのコレクション開催場面。
流麗で優雅です!
モンドリアンの絵画のような画面分割が
サイケな時代を演出してます。
退廃的ムードの中に輝く美しさは
例えばクリムトの絵のような…。
…これはちょっと誇大だな…

………………………………………………………………

2015.12.17 TOHOシネマズシャンテにて再度鑑賞。
初回時よりも心震えるものがあって
☆半分プラスポイント

老醜を晒すヘルムート・バーガーに
まだ50代半ばのサンローランを演じさせ
バーガーの若く美しい頃の作品との対比はあるは
死の匂いさえ漂わすカットはあるは…
これがこの映画の退廃的ムードを
一層顕著にさせてる気がして
ひたすらやるせない気持ちになりました。
そんなカットの数々が
豪華絢爛なコレクションのシーンに
挟み込まれるというコントラストが
「天才」の影を際だたせていて
胸がざわつきました。

今回もギャスパー礼讃は変わりません!
機会があれば、も一回観たいな…

しげぴい
しげぴいさん / 2015年12月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈だ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

当たり前だ。
僕はファッションにも、イヴ・サンローラン氏にも興味がない。
興味のわかない分野だから、どんな世界が広がってるのだろうと観にいった。
…逆に興味があって観に来た人はどんな感想を持つのだろうか?

物語は、ご自身にスポットライトを。
華々しい話しかと思いきや、非常に矮小な1人の人間の話しだった。
酒とドラッグと、女ではなく男。
ファッション業界にはよくあるタイプの人物像だ…男同士でディープキスとか勘弁してほしい。
劇中に「ピル」っていう和訳があった。名称は分かりやすく「ピル」にしたのかなとも思うが、同じような効能で服用できるものが、あんな時代から認可されてたんだと驚いた。

それは、さて置き。

流石にファッションの話しだけあって画面に散らばる色使いが非常に心地よかった。
コントラストとでもいうのだろうか…見やすかった。ああいう世界の中で生きてきた人なのだ。そして、それは彼の偉業をどことなく表現しているようにも思えた。
そして、イヴ・サンローランの服はとても攻撃的なのにエレガントだった。
挑戦的な色や柄なのに優雅さと品格を感じる。着こなしてる事自体、大したものだと思ってしまう。
なのだか……。
そんな彼の人物像をここまで赤裸々に映像化した事は果たした是なのだろうか?
物語の7割はファッションの話しじゃない。
彼の性生活の話しである…それもかなりディープな。一体誰が得をするのやら、甚だ疑問だ。
その描写も記述もふんだんに用意されてる。

そんなわけで…とあるゲイの話しだった。

U-3153
U-3153さん / 2015年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

007のQに似てるよなー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サンローラン役の人、似てない?

クリエイティブな感覚がわかった。
しかし、たいくつな映画である。

早く終わらないかなー
ってずっと思ってた。

レア・セドァほとんど出ないし!

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2015年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  知的 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

つまらなく、退屈で冗長な映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あまりにも長い2時間半で、体感的には6時間ぐらい映画館にいるような感覚を持った。
サンローランの伝記的な内容を期待して見に行くとかなりの失望感を味わえる。かといって、エンターテイメント性を求めて行くとそういったものは何もないということに気がつく。

サンローランは冒頭からファッション界で成功していてなぜ「モードの帝王」と呼ばれるに至ったかは全く描かれていない。そして、成功した後に創作に苦しみ時代を作っていったプロセスがあるわけでもない。劇中のサンローランは常に創作活動をしていてアイディアが枯渇していく描写は一切なく、デザインが仕上がらない時は常に単に私生活が荒れているだけなのである。芸術家の苦悩という点でもこの映画は失敗している。

この映画にあるのは、酒、ドラッグ、ゲイのセックス、タバコ、タバコ、とにかくタバコだけである。

とにかくこの映画は焦点が絞りきれていない。
サンローランの周りの人間関係の描き方は淡泊でそれは生涯のパートナーであるピエールについても同様である。サンローランの周りには肉体関係はないものの(彼はゲイだからだ)、彼を献身的に支える優秀な女性が存在するが、彼女達がどのような気持ちで人格破綻者の天才に寄り添っているかはわからない。サンローランの情夫のジャックに至ってもただ快楽に溺れたセックスをしているだけで、そのことがサンローランの創作に及ぼした影響は一切ない。彼がいてもいなくてもサンローランはデッサンし続け、物語には何の影響もない。

また、この映画は時系列をバラバラにして物語が進んでいくが、このことによる演出効果も全くない。例えば、映画の後半になって序盤の意味のわからない場面がつながるという手法はよくあるものだが、この映画に限ってはどの場面も了解可能で、単純に時系列をバラバラにしただけであるため意味がない。監督は何をしたかったのか。

そして最後の1976年のコレクションのシーン。劇中ではサンローラン自身が唯一満足の行くコレクションであったと述べるコレクションであるが、そのシーンの爽快感は全くなく本当に淡々と進む。というかこの映画はファッション自体もそのデザインに至った経緯を全く描かないのでそこに感動はなく観ている側も「早く終わらないかな」という感想しかない。

この映画で良かったシーンは、サンローランが中絶をする女性スタッフに優しくした後に別のスタッフにその女性をクビにするように伝えるというシーンのみである。ここだけは、「女性の味方」と呼ばれていたサンローランが決して女性のためにデザインを行ったわけではなく自分の欲望の赴くままデザインを行っていたという解釈が見て取れて挑戦的で良かった。

また、役者の演技は全てよく、脚本さえ良ければ良い映画になっただろう。

無意味で平坦な出来事が映画の大半の時間を埋め尽くし、観ている人間は無の境地に行き着く。
成功しても心の空間が埋まらない天才サンローランと同じ気持になって劇場を後にしたい方にはオススメ。

おれもの
おれものさん / 2015年12月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi