モンスター 変身する美女のレビュー・感想・評価

モンスター 変身する美女

劇場公開日 2015年5月17日
2件を表示 映画レビューを書く

完全に邦題で損をしている。

原題の“SPRING”じゃ伝わりにくいのは解るけど、これはいくらなんでも酷い。ゴリゴリの怪物ホラーを期待して観る人には肩透かしを食わせ、この手の映画の本来の客には見向きもされない。まさに一挙両損。ネタバレかつ誤謬を含んだ邦題として不評だった『ぼくのエリ 200歳の少女』くらいの方向性を出した方が、ターゲット向きって意味ではマシだったかもしれない。

この作品の根幹は、凝った会話劇中心のラブロマンスと、クトゥルフ的なぬめり系クリーチャーの静かなるハイブリッドで、邦題から想起されるようなエログロホラーではまったくない。グロ描写は慎ましやかだけれど、話の転換点となるシーンのクリーチャー描写はなかなかに衝撃的で、とても良くできている。ずいぶん前のフランス映画『ポゼッション』をちょっと思い出したりもした。

少し前に観た『イット・フォローズ』もそうだったけど、明らかに百凡の低予算B級ホラーとはモノが違う。まず絵作りのセンスがとても好い。低予算らしいローファイな雰囲気を活かしたアンニュイな画面にじわじわと引き込まれていく。劇伴音楽ともよくマッチしていて実に心地好い。時折挟まれるドローン空撮っぽい真俯瞰のショットも印象的だった。俳優陣の演技にもチープなところがなく、脇役の農家の爺さんなんかも相当に良かった。脚本も、台詞が特に良い。変身の理屈を色々と説明するくだりは少し余計かとも思ったけれど、概ね品良く抑えられている。そして、ラストの美しさが心に沁みる。

これはかなりの掘出し物だった。

lylyco
lylycoさん / 2016年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビフォア・サンライズがホラー映画になったら

以前イギリスに滞在していた頃ロンドン映画祭に行く機会があったのでそこで観ました。

邦題がやけにB級臭かったり、キャスト・監督共に知られてない人ばかりなので一般的注目度は低いかもしれませんが、これがまさかのとんでもない傑作でした!

あまり前情報無しで観ていただきたいのですが、簡単にストーリーを説明すると、一人旅でイタリアの田舎町へと訪れたアメリカ人の若者エヴァンは、そこである美女と出会い恋に落ちるのですが、彼女はなんと……

これ以上はネタバレになってしまいそうなので、この辺にしておきます(笑)

基本的には恋愛物ですね。タイトルにもありますが、イーサン・ホーク&ジュリー・デルピーの「ビフォア」シリーズのような。 そこにホラー要素が加わりとんでもない展開になっていきます。

今までに無かった斬新なストーリーではないでしょうか。

この映画が凄い理由はカメラワークにもあります。イタリアの美しい街並みをドローンを使い上空から撮ったり、長回しで撮ったりと撮影センスがずば抜けています。なので雰囲気、臨場感も絶妙です。

監督はジャスティン・ベンソンとアーロン・ムーアヘッドの2人ですが、彼らはインディー系ホラー界では大注目のようです。2012年にResolutionという作品で注目され、昨年はVHSシリーズでBonestormというセグメントを監督しました。 今後大作を任されること間違い無しだと思います。

主人公エヴァンを演じるのはルー・テイラー・プッチという人です。「フェーズ6」やリメイク版「死霊のはらわた」に出演してます、ホラーが好きなんですかね(笑) 本作でこの人が出す味、繊細さは見事でした。

やはりこの作品が持つオリジナリティは素晴らしいと思います。 ぜひ観てみてください、あなたが見たことのない世界が広がっていると思います。

ペンタ
ペンタさん / 2015年10月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報