劇場公開日 2015年4月11日

  • 予告編を見る

「笑いとグロがてんこ盛り。異色のゾンビ時代劇!!」新選組オブ・ザ・デッド 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

2.35
0%
19%
33%
31%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0笑いとグロがてんこ盛り。異色のゾンビ時代劇!!

2015年4月15日
PCから投稿

笑える

怖い

単純

【賛否両論チェック】
賛:主人公のキャラクターが痛快で、不謹慎ながらも思わず笑ってしまうシーンが満載。ゾンビとの鬼気迫る戦いも痛快。
否:話そのものは荒唐無稽かつ結構チープで、現実派や本格派には向かない。R-15なので、グロシーンも多数あり。

 この作品の1番の見どころは、何といっても日村さんのキャラクター。シュールなツッコミのセリフが満載で、思わず笑ってしまいます。本来はゾンビが迫りくる怖いパニック映画のはずなのに、何となくコメディタッチで観られるのは、日村さんのお陰ですね(笑)。ですのでグロシーンが大丈夫な方は、ホラーが苦手でも充分に楽しめると思います。
 加えて、武術太極拳の優勝者でもある山本千尋さんの迫力ある殺陣や、飄々としているのに器の広さを垣間見せる坂本龍馬、そしてゾンビと人間との間で育まれる友情など、様々な人間模様も観ることの出来る作品に仕上がっています。
 B級感はありますが、一風変わった映画を観たい時にオススメの、痛快ゾンビ時代劇です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド
「新選組オブ・ザ・デッド」のレビューを書く 「新選組オブ・ザ・デッド」のレビュー一覧へ(全5件)
「新選組オブ・ザ・デッド」の作品トップへ