劇場公開日 2015年11月28日

  • 予告編を見る

グリーン・インフェルノのレビュー・感想・評価

3.598
15%
51%
27%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全61件中、1~20件目を表示

4.0良い者と悪い者はどこかで繋がっている

さん
2021年10月9日
スマートフォンから投稿

色々突っ込みどころはあるけど、言わんとすることが見る者に伝わってくる作品だったので高評価にした。

リーダーの男性が言ったように、善悪はどこかで繋がっていて、実は善も悪もないのかもしれない。独善的な行動は命取りになることもある。

グロさが話題になっているようなので、ストーリーにはあまり期待せず見たけど、メッセージ性があって面白い映画だった。グロさは全然気にならなかった。ウォーキングデッドを見てたから慣れちゃったのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雪

3.5割礼

kossyさん
2021年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 アフリカの陰核割礼(参照:『母たちの村』)の事実を知り、猛烈に抗議したくなった大学1年のジャスティン。ちゃらんぽらんなルームメイトの反対を押し切り、過激な環境保護グループに参加するが・・・

 かなり面白いのが環境保護団体の裏側。結局は激化する企業同士の抗争に巻き込まれる形で実績だけを残そうとしていたという団体。良い行動、悪い行動は密接に繋がっているんですね。彼らは旅費などを全額出してもらう事実に疑問を持たなかったのか?確かに古代文化を持つ先住民を保護しようとする思想もわかるが・・・そんならハンストやっとけ!みたいな感じです。

 皮肉なことに保護しようとしていた先住民にやられてしまう大学生グループ。その直前の小型飛行機墜落という悲惨な事故。運命の歯車は悲惨な方向へと転がり続ける。

 血肉ドパッ、グログログロ・・・特に気に入ったのは小型機のプロペラで頭を削られた学生だったな。最初の犠牲者となったジョナの解体シーンもエグすぎる。監禁されてからの生活臭溢れる彼らの心理も異常なんだろうけど、こうなりゃウンチもしょうがない。そしてショッキングな自殺シーン。まぁ、グロさもここまで表現すれば、嫌悪感の感覚が逆転してしまう。

 グリーンという言葉もグリーンピースを皮肉ってるのだろうか。エセ活動家の末路・・・皮肉と風刺。単なるグロ映画じゃないことだけはたしかです。尚、ユダヤ人に対するヘイトな言葉もあったけど、割礼のこともあるし、なかなか奥が深い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

1.0まともにやった結果・・・

2021年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

食人族の設定を使い、まともに描くと、この作品になる。
ただそれだけの作品。
感想はこれだけ。
他に書きようがない。(笑)

ただし、『食人族』に比べて、何も残らない作品とは言えるかも。
『食人族』のラストの字幕は、問いかけてくるからね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
案山子男

5.0続編希望熱望渇望

2021年7月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

これは本当に「おもしろい」
常温で「おもしろい」のは本当に「おもしろい」映画なんです。
私史上1番「おもしろい」かも知れません。
これは「感動」。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
畳ビチャ男

4.0グリーン・インフェルノ

2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

エグいシーンが衝撃的。
マリファナのハイにさせて逃げるシーン良かった。

先住民の人たちは食人が普通の生活。子供達が無邪気に美味しそうにしてるのが印象的だった。
文化が違うだけ。違いすぎるけど。
私たちが食べる豚や鳥なども、あんな精神状態にいるのかもと想像させられる。

最後のシーンの意味は?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ABCD

3.0中学生のときなら大喜び

2020年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

なんか久しぶりに、えぐいのを見た。基本きらいではない。
映画こういう楽しみ方って確実にあるから。中学生のときなら大喜びだったと思う。

頭で理解するスリリングさではなく、もっと単純で疑似体験的なスリリングさというのがある。最近こういう単純な映画って少ない。

墜落で死んでればよかった、みたいなセリフあるがまさに。あちこちちょん切られて死ぬ絶望感たるや。
あと、うんちのシーンいる?笑

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

2.5グロいと聞いていたが

2020年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

グロいと聞いていたが、ここまでやるかって感じで
無理な人は途中でやめちゃうだろうなって映画だった。

僕の頭の中では終始
吉田松陰先生出の「「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり。誠ならずして未だ能く動かす者はあらざるなり」
と言う言葉が浮かんでいた。

中途半端な正義感では何も事を起こせない。
自分も知った気になって、自分に酔って行動するような事は
やめようと思えました。

食人族が舞台と言うてもここまでせんでも!
もっと良い食い方あるだろ!
と思いました。

グロが大丈夫なら最後まで飽きずに、
お前らが悪い!と言うマインドで楽しめます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

4.0好きな映画!

2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

怖い

えーーー!好きな映画です!!

民族が全く言語伝わらなくて
何言ってるか分からない恐怖
ってめちゃめちゃ怖いなと思った。

死ぬシーンは
日本の血飛沫大事!!!とかではなく
ドロっとした生々しい血が
ピュッと跳ねてダラダラと流れるような映画。

そういったところもそうだけど
民族、森林伐採が題材だから
他の映画とは違った面白さもあった。

ラストシーンは
とーってもとーーーっても好き。
泣き寝入りするかと思ったら
利用するところまでまとめてあったし
主人公は一生苦しむんだろうなって思うと
ゾクゾクしてたまらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あかねん

3.5グロさの中にあるテーマ、行動には責任が伴う。

2020年8月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

世間知らずのバカ女子大生が気紛れで触れた社会正義行使に軽はずみに加わっただけで仲間全員殺されて、食われ、悲惨な目に合うのだが割りとざまあな感じがするのは私だけではないはず(笑)。往年の食人族へのオマージュをヒシヒシと感じます。あまり内容は無いのだがちゃんと世の中確りと勉強しないとかるーく騙されてしまいますよと作品は教えてくれる。最後にマヤ族の少年の透き通った瞳が現代社会を皮肉に捉えている気がしましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
としぱぱ

3.0明るい残酷

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

昔、食人族というイタリア映画がありました。スプラッターという言葉もなくエログロと称されました。当時、エログロとは「くだらない」映画の代名詞でした。すなわちエロやグロで観衆を釣るという意味です。むろん、この方法論は今でもたいして変わっておりません。私とてエログロ大好物です。
果たして、白人女性がジャングルの未開人に囚われ襲われるというシチュエーションは、男たちの妄想のなかで、映画のクオリティをはるかに超えたものになっていたのです。

じっさいの食人族はまことにお粗末な映画で、裸や行為のボディダブルはもちろん、群衆や俯瞰など、ロケできなかった場面で平然とダブルが使われていました。しかも違うフィルムの挿入がハッキリわかるものです。動物のはらわたを擬食するシーンにも、気持ち悪さより、エキストラに対する憐憫がありました。

それでも当時、食人族というタイトルから人々の妄想を駆り立てた成果たるや厖大なものでした。そのC調なつくりにもかかわらず、本邦で桁はずれの興行収入をあげたのです。

グリーンインフェルノは現代版食人族ですが、もはや、あの頃、私たちをとらえたエログロへの期待感はありません。世の中には残虐描写が溢れ、きょうび脳天に斧を振り下ろしても、観衆は驚きません。その慣れは残酷映画の残酷度に拍車をかけてきましたが、そんな興趣も一巡して、よもやそれをまだやろうとするのは一部の監督だけです。

でもこの映画は楽しいものでした。森林保護の活動家が、未開人に捕まる筋書きには腐心がうかがえます。いちばん楽しいのは残酷が明るいことです。パスカルロジェのマーターズでは気分が塞いでしまいましたが、ハリウッドリメイクでは笑いながら見ることができました。それと同じ理屈です。アメリカは何を撮っても明るいのです。
ただ男として正直なことを言えば主演のLorenza Izzoはきれいですが、もうすこしボリュームが欲しかったです。

余談ですがHolidaysなるホラーオムニバスが映画がありました。この映画、ホラーオムニバスとしてだけでなく、所謂オムニバス映画として、超珍しい捨て編無しの佳編揃いでした。そこで一番楽しかったラストエピソードにLorenza Izzoが出ています。この映画でのヒロイン風な彼女と違って、強気で陽気、演技もすごく巧い女優さんだと思いました。ちなみにノックノックでも連投した勢いでイーライロス監督と結婚したそうです。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎

4.5観るにはある程度覚悟を

takeさん
2020年5月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

これまでも食人系の作品観たことありましたが、
他のほのとは一線を画す出来栄えであったように感じた。
フィクションかノンフィクションか分からなくなるような錯覚を覚えました。
まるでドキュメンタリーを観ているような。
グロ系が好きな方でも見応えはあるんじゃないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
take

4.5事実こういう民族いるだろうしな~

_Mさん
2020年1月4日
PCから投稿

グロくて、恐怖感を覚える内容。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
_M

2.5映像は綺麗、話の内容は…

MrPさん
2019年11月9日
iPhoneアプリから投稿

 グロいグロい。けれども全然大丈夫だった。明るいグロ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MrP

4.0共喰いはしないのか心配

2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

興奮

往年の「食人族」オマージュ。
それを「ホステル」の監督が作ったというのだから、期待値は高かった。
しかし、NHK『イゾラド』を見た後だと、すべてが作り物に見えてしまうのが残念。

でもでも、「ファーストキッチン」はキター!彼は始めっから死亡フラグ立ってたしね。
食人の表現はかなりのリアリティ?あったし、
食人前の死に様もまあグロイことこの上ない。「ホステル」よりもグロさ多目な気がします。

話の筋もちゃんとしていて、
飛行機が落ちた理由とか、そもそもの抗議行動の理由とか、
何故ジャスティンを活動に誘ったのかとか、
ジャスティンに肩入れし、アレハンドロを蔑視する視点になる作り。
ラストも後味悪く、スタッフロールも早送りは厳禁です。
食人きっかけで見ましたが話も面白かったです。
なのでホラーとしては弱いかな、という気がします。

良い悪いはともかく、印象に残る映画だと思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
クリストフ

5.0おぞましいが楽しい世界(見ている分には)

2019年7月22日
iPhoneアプリから投稿

食人族が人を食べるのは、無知で野蛮だからである。そんな上から目線の回答に対して、後ろから頭をぶん殴られる。ならば、ハイテクノロジーを駆使する我々はどうなのかと。
確かに、食人はおぞましい。しかし、途中から我々側の非人間的な振る舞いに対して、食人族の飾り気のない生活が際立ってくる。それは、野蛮だから教育するとか、文化を守るべきとか、そんな議論は的外れで、ただただそこに存在するだけなのだと主張してくる。
もしかしたら、これが昨今叫ばれる多様性なのかもしれない。だったら、食人族に食べられるのも仕方ない、、そんなことはない。絶対に嫌だ。ハラハラ、ドキドキ、とても楽しい映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
grantorino

1.5「食人族」のリブート版

2019年6月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

結構、評価が高そうだったので鑑賞しましたが そんなに大して面白くなかった。

「食人族」は、子供の頃にTVCMだったのかな?で観て恐怖しかなかった(笑)。あの串刺しとかね(笑)。
その「食人族」のリブートと言うことで観てみたけど、んーやっぱりこの監督とは合わない気がする~。「ホステル」は、それなりに面白かったけどね。

シャーマンとかも 全てが芝居じみてて (まっ、そうなんだけど…)嘘臭過ぎてリアルさを1ミリも感じなかったし、あの原住民にしても、底知れぬ恐怖は全く感じないし、閉じ込められる檻に近付く子供も やっぱりな展開だし。
絶対に誰かしら(というか監督の奥さんが(笑))助かるのが目に見えてる展開で絶望感もなく、都合良過ぎてあんまり面白くない。

って言うか、ダリル・サバラが居た(笑)!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
m@yu-chan-nel

4.5最高の映画だった! 「食人族」「アポカリプト」のグロさと面白さをパ...

松田さん
2019年5月19日
iPhoneアプリから投稿

最高の映画だった!

「食人族」「アポカリプト」のグロさと面白さをパワーアップした内容になっている。

「ホステル」は個人的にグロ不足だったが、この作品は十分過ぎるほどだった。今まで見た映画で一番グロいかもしれない。

自分は「ソドムの市」のようなエログロ作品は嫌いなのだが、この作品はユーモアがあり“快い不快”という矛盾した感情を楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
松田

4.0グロいのにスカッとする

mottiさん
2019年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

グロいシーンはかなりキツい所もありますが、過激な残酷描写と笑いが紙一重で、何故か後に引かない塩梅です笑

いちいち露出の多い女性も含めて、画面全体が常に刺激(そして笑い)で満ち溢れてるので、見ている間ぶっ通しでアドレナリン出っぱなしでした笑

ただ陰湿なグロさだけの作品は気が滅入るだけですが、本作は過激さも楽しいエンターテイメントとして観れるので最高でした

特に忍ばせた”緑のアレ”で先住民を撃退しようとするシーンが個人的ハイライト笑

今後もイーライロスの作品がもっともっと見たくなる一本
あーおもしろかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
motti

3.5展開がコロコロ変わって、1つの映画で多角的に世の中を見た気がする。...

2018年12月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

展開がコロコロ変わって、1つの映画で多角的に世の中を見た気がする。

名声が欲しかったアレハンドロも、偽造工作でお金を手にしたカルロスも、各々の目線で家族や人生を掘り下げたら彼らなりの正義の為にやったことなのかもしれない。

最後の最後は、主人公が自分の恐怖体験を話すわけでもなく、そもそもアマゾンに向かった理由を肯定するのも良かった。

食人系作品はリアリティに欠けるものだと思っていたけど、村人の暮らし方は密着番組を見ているかと思う瞬間があった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
soleilヾ(´ε`○)

4.0婆は一番いいとこを喰う。

Peinyoさん
2018年10月24日
iPhoneアプリから投稿

基本は塩味で素材を活かしたお料理となっています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Peinyo
「グリーン・インフェルノ」の作品トップへ