リーガル・マインド 裏切りの法廷のレビュー・感想・評価

リーガル・マインド 裏切りの法廷

劇場公開日 2014年2月22日
5件を表示 映画レビューを書く

よくある内容。プライベートと仕事の狭間で揺れる主人公。 どちらもあ...

よくある内容。プライベートと仕事の狭間で揺れる主人公。
どちらもあっさり描かれていて、むしろ焦点を絞ったほうがもっと濃い作品になったはず。
勿体無い。
2014.9.13

miharyi
miharyiさん / 2019年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女性の涙に騙される。

女弁護士って辛いですね。

子育てや家事を疎かにすると責められるし、仕事でも男性からナメられてしまうし…。

そんな板挟みの生活の中、1人のか弱い女性を裁判することになるのですが、この裁判が凄まじいです。

死刑判決を受けていた女性ですが、証拠や証言によって判決が覆り無罪を勝ち取ります。

1人の不幸な女性を救うことができ、喜びいっぱいのはずでしたが、話は思わぬ方向へと食い違ってしまいます。

女の涙は最強の武器だということを、この作品で思い知らされました。

我が子に対しても、涙を見せずに笑顔を振りまいてほしいですね。

ガーコ
ガーコさん / 2017年12月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後は勧善懲悪で良かった

最後は勧善懲悪で良かった

とらちゃんだ
とらちゃんださん / 2017年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

偽りの無い自分でいられるか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見始めた時は平凡な法廷サスペンスだと思った。
アル中で娘の親権を奪われた女性弁護士ケイト。
立ち直る為に、冤罪の可能性がある女性レイシーの弁護を引き受ける。
このまま平淡に展開するのかと思いきや、意外に引き込まれ、なかなか面白かった。

元々やり手の弁護士のケイト。
あっという間に警察の不正や検察の偽証を暴き、裁判は有利な方向へ。
一度は有罪判決を受けたレイシーを一転、見事無罪を勝ち取る。
アルコールも飲まなくなり、再び娘と過ごす時間も出来、共同経営者の話も舞い込み、最高の形で立ち直ったかに思えた。
が、まさかの真実が…!

正直、レイシーの“本当の顔”は何となく予想出来た。
あれだけ鮮やかに検察の隠蔽を暴けたのに、何故レイシーの素性に気付かなかったのかツッコミ所もある。
アル中もそれほど重石になっておらず、仕事に没頭する余り娘と溝が出来てしまった…だけでも良かったと思う。
しかし、本作は二転三転する法廷サスペンスではなく、ある一人の女性の本当の意味での再起のドラマなのだ。
アル中はそんな彼女の弱さ・脆さ。
やり手で正義感が強いという事は、プライドも高いという事でもある。
自分のミスを認め、それを正せるか。
脆い自分を受け入れ、娘に相応しい母でいられるか。
自分に偽りなく。

ケイトを演じるケイト・ベッキンセールが、女性のカッコよさと弱さを凛とした魅力で好演。
判事ジェームズ・クロムウェルも素晴らしかったのに、あんな下心があったなんて…。
ニック・ノルティーがさすがベテランの引き立て役!

近大
近大さん / 2017年1月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ベッキンセールいいね

事件捜査も見ものだろうがヒロインがアル中を事件を通じ再生し家族との関係を再建するのが本題だと思うな。

素子
素子さん / 2015年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報