「「絆」と「宿命」の強さと哀しさ...」ランナウェイ・ブルース ポンの助さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ランナウェイ・ブルース

劇場公開日 2014年3月15日
全8件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「絆」と「宿命」の強さと哀しさ...

素直に観て良かったと思えた作品。
S. ドーフ目的で観たが、その不運過ぎる兄の役以上に終止物語を紡ぎ、読みきかせる弟役のE. ハーシュに胸を奪われながらストーリーと映像展開にヤラれてしまった...
あまりにも「不運」過ぎる兄弟ながら、二人の「絆」であったり、その「宿命」的な運命がストーリー的に“お涙頂戴”的な茶番劇になっていなかった事に評価が4つ星半になってしまえる程の秀作に感じた!!!!!
また成長したD. ファニングの陰の雰囲気と相変わらずの無垢さが、ちょっこしホッとさせてくれた事もコノ作品に捨て難い要因であると思えて仕方がない。
あまりにも「世知辛い」内容ながら、上映中や見終わった後に“熱いモノ”を胸ん奥に感じてしまう大切な作品だと感じている。
その中でも一際の存在感を残すC. クリストファーソンが本作品にとびきりの微笑みを与えてくれている...
米国ネバダ州の片隅で、懸命に「生きるコト」を大切に描かれた、本当に“愛されるべき”映画でしょう!!!!!

ポンの助
さん / 2014年6月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報