劇場公開日 2013年10月5日

  • 予告編を見る

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密のレビュー・感想・評価

3.43
17%
44%
33%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全3件を表示

2.5微笑みの裏の深く長い悲しみ

mimiccuさん
2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

父は蒸発、母は精神病。プロデューサーと寝ることも厭わない。ヌード写真流出騒動。己の演技の不安からアクターズスタジオに通って一心不乱に勉強する。アーサーミラーと結婚したのが転落の始まり。2度の流産そして離婚後に精神病院に入院。遺作になるはずだった「女房は生きていた」の撮影現場のマリリンが、何十テイクも重ねたり雰囲気が明らかに不安定な姿がショック。MSGでの「♪ミスタープレジデント~」がスタジオから解雇される決定的な失態だったとは。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

5.0マリリンの本質を垣間見た気がする。愛しく哀しい。アーサー・ミラーと...

2015年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

マリリンの本質を垣間見た気がする。愛しく哀しい。アーサー・ミラーとの結婚によって破滅へと導かれたのかもしれない。

マリリンを代弁する出演者達も圧巻。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.5愛すべきひと

xtc4241さん
2013年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

マリリン・モンロー
この名前の持つ響きはなんともいえない思いを抱かせる。
彼女ほど、揺れ幅が大きいひとも珍しいだろう。
例えば、自分に自信が持てなくて、アクタースクールに通い直すひとりの女優。それとは、反対に自分の価値を見直して、ギャラアップを要求する大スター。
例えば、自分を愛してくれそうな男たちとは、すべて恋に落ちてしまう
女神のような女。そういう彼女に対して、嫉妬してしまう夫たちのこと、わかっていてもそうしてしまう尻軽女。
そんな揺れが彼女の多面性と複雑さを現しているように思う。
でも、それはマリリン・モンローだけの話ではない。
人間にはすべて、そんな要素を持っているのではないか。
そのなかで、そのエキスを拡大してその場、その場で、演じているのが人間なのではないか。多かれ、少なかれ、顕在化しているか、潜在化しているかは別として。
ただ、それを虚構のなかで、実際に演じるのが、女優というものだろう。そういう営みを見せてくれたのがマリリン・モンローというハリウッドスターだったのだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
xtc4241
「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」の作品トップへ