ワレサ 連帯の男のレビュー・感想・評価

ワレサ 連帯の男

劇場公開日 2014年4月5日
6件を表示 映画レビューを書く

成金野郎とは大違い

ポーランド自主管理労組、連帯。
その初代委員長でポーランドの民主化に尽力した元大統領、レフ・ワレサ。
どれも初めましての言葉どころか、ポーランドの歴史も露知らず。
非常に政治色の濃い作品だが、レフ・ワレサの行動力には感銘受けるものがあった。
最初から政治の中に居た訳ではなく、元々は労働者階級。
その為、貧困、圧政に抑えつけられる苦しさ、一市民の“届かぬ声”を自らの肌で感じている。
それが国を変える、動かす最大の原動力。
どっかの成金野郎が大統領になるのとは雲泥の違い。

ポーランドの名匠アンジェイ・ワイダが2013年、87歳の時に手掛けた作品。
実録映像も挿入し、その力強い演出には老いを一切感じさせない。
“ポーランド”を描き続けてきたポーランドの名匠が、撮るべくして撮った力作。

近大
近大さん / 2016年12月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若いなあ

アンジェイ・ワイダの感性が若くて、驚きました。もちろん、ワレサの描かれ方は年季が入ってないと作れないとは思いますが、なんか良い意味で年寄り臭くなかったです。

躍動感があるというか。

ミカ
ミカさん / 2015年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

“普通”の男の現実的な闘い

勿論「連帯」のワレサ委員長の名前くらいは知っていたが、彼がその地位に上り詰めるまでどんな経緯があったのかについては、恥ずかしながらほとんど知らなかった。
今作を観てちょっと驚いたのは、レフ・ワレサという人が意外なほど“普通”の男だったことだ。
小さな村の出身で、グダンスク造船所で電気技師として働き、妻と子を養う男。
子どもの世話も妻の家事の手伝いもする普通の男。

「誰も言わないから自分が言う。誰もやらないから自分がやる」
彼の行動原理はいたってシンプルだ。
そういう中で、次第に彼がリーダーになっていったのは何故か?
ひとつは、何度仕事をクビになっても、何度逮捕されても諦めなかったこと。
そして、彼自身が労働者の一人であり、真に労働者の代表だったからだと思う。
「家族にもっといい暮らしをさせたい。」
イデオロギーなんてともかく、労働者の現実的な要求で政府と交渉を続けたからこそ、多くの人の共感を得られたからだと思う。

監督のアンジェイ・ワイダは89歳。
作品はとてもエネルギーに溢れ若々しい!

arakazu
arakazuさん / 2015年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛情のある映像

アンジェイ・ワイダ監督の作品はずっと見続けて来ましたが、今回のワレサは愛情のある映像で、力まず子どもを見る親のような視線であるように感じました。

cacaomaru
cacaomaruさん / 2014年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

電気工から大統領へ

アンジェイ・ワイダ監督が「ワレサ」をつくったという。
ワレサと言えば随分、むかしの人のような気がしたのだけれど、
まだ現代史に残るような人なんですよね。
東西冷戦の突破口を開いたというポーランドの「連帯」運動を導いた。
一介の電気工だった男が、後の大統領にまで登っていったのだけど、
特にものすごい能力があったわけではない。
すごい信念があったわけではない。
あるのはその場に応じた反射神経というべきものだったのではないか。
思想的、観念論的に動いていたわけではなかった。
リアリスト、それが結果的に正しかった。
それと、彼を支えた妻の姿がいたからこそ、進めていけたのだと思う。
でも、ワレサも妻も取り巻く環境に戸惑いながら、迷いながら、
自分たちの立場を認識していく。その姿を克明に描いたアンジェイ・
ワイダ監督の執念のようなものを感じた映画だった。

xtc4241
xtc4241さん / 2014年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリスト

ワレサが、なぜノーベル平和賞を取れたのか、それは彼がリアリストであったからだろう。
人間の泥臭さを知っている労働者であったからこそ、理想の社会像よりも、市民の幸福のために最良なことやり通せたのだろう。
現代日本にも、学ぶべきところがあるような気がする。

か~さ
か~ささん / 2014年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi