ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもののレビュー・感想・評価

ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの

劇場公開日 2013年3月30日
2件を表示 映画レビューを書く

前作に引き続き人となりが伝わる良作

ドロシーご本人の舞台挨拶付きの会を鑑賞した.前作に引き続き人となりが伝わる.50州の美術館に分散寄贈された膨大なコレクションがWebサイト vogel5050.org で見られるのもマル.
舞台挨拶でのネタで面白かったのが,日本滞在中のベストフードが「きじ」のお好み焼きと吉牛とのこと.前作からNY在住でもヤッピーぽくない感じだったが,大阪との相性がよほど良かった1?

ykono
ykonoさん / 2015年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮大なプロジェクト。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作からの続編。
気付いたら伝説的アート・コレクターになっていた夫妻のその後を
さらに寄贈を広げたプロジェクトを中心に描いている。

前作で膨大なコレクションをナショナル・ギャラリーに寄贈したのだが、
そこには収蔵しきれず、今度は全米50州の各美術館に50点ずつ
寄贈するという“50×50”と名付けられた壮大なプロジェクトへと発展。
関わる夫妻の表情や、画家たちそれぞれの想い、授かった美術館の
喜びの声などを交えながら中盤までを描き、後半では夫妻の人生の
最終章を静かに見守っている。

かなり高齢になってもアートへの意欲が衰えない二人に目を見張る。
しかし身体の衰えは顕著で、車椅子に乗る小さなハーブと、
それを押しながら歩くドロシーの曲がった腰が、かなり痛々しい。
しかしパソコンを操りながら、美術館への苦言を呈するドロシーの
勢いは、さすが全米屈指のコレクターである誇りに満ち溢れている。
自分達の愛する作品が、どうかそのまま多くの人の目に触れるよう、
最善の努力を怠らない双方のやりとりが非常に好ましい。
彼らによって発掘されたアーティストも数多いことを思えば、やはり
好きこそがすべてのはじまり。であることを確信させられる。

ハーブ亡き後のドロシーが総ての絵を寄贈し、外した部屋の風景が
長年二人で培ってきた人生の歩みをはっきりと映し出している。

(理解あるよき伴侶を得て、ハーブは本当にいい人生だったと思うよ)

ハチコ
ハチコさん / 2013年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi