狼たちのノクターン 夜想曲のレビュー・感想・評価

狼たちのノクターン 夜想曲

劇場公開日 2013年1月26日
2件を表示 映画レビューを書く

最愛の妻が自殺したことを受け入れられず、執拗に仕事に打ち込み娘や同... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最愛の妻が自殺したことを受け入れられず、執拗に仕事に打ち込み娘や同僚に見放された刑事ラム。20年の刑期を終え出所し、調律師として働く元強かん殺人犯ウォン。ウォンは訪問先で著名な指揮者ツイの娘シューと自分が殺した少女が瓜二つであることに驚き、シューを遠巻きに監視するようになるが、彼女が異常な執着心に取り憑かれた父に虐待されていることを知って怒りを募らせる。ある日ツイが焼死体で発見され、事件を担当することになったラム達の捜査線上に容疑者として浮かび上がるウォン。ラムはウォンの過去を知る人間に聞き込みを続けるうちにウォンの意外な過去が少しずつ明らかになっていく。
パンツ一丁の屈強な男達が風呂場で殴り合う異常なテンションで幕を開ける本作、サイコスリラーからジワジワと先が読めない展開に突入し、最終的に「真実を明らかにすることで救われない命がそこにあっても、それを暴くのが正義か?」というとてつもなく重いテーマが炙り出される。謎の男ウォンを一切台詞なしで演じるニック・チョンが圧巻。劇中で何度も繰り返し流れるショパンのノクターン第13番が印象的に響く静かなドラマなのでこの邦題は見事です。

よね
よねさん / 2018年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 冒頭のバイオレンス描写に度肝を抜かれ、これはとんでもない傑作だとワクワクしたのだが、バイオレンスのすごいのはそこだけだった。

 物語はストーカーのミステリーで、サスペンスだったのだが、実は変態ストーカーでもなんでもないきれいなオチで、ちょっとがっかりした。きれいにまとまりすぎている感じも好みじゃなかった。

 しかし、「自分の子供の成長を近くで見ることの幸せ」について刑事に説くところなどは非常に心にしみる表現で、他人事ではなかった。

 期待したのとは違ったけど、見やすくて面白い映画だった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年3月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報