「降りかかる衝撃」トールマン MASERATIさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「トールマン」 > レビュー > MASERATIさんのレビュー
メニュー

トールマン

劇場公開日 2012年11月3日
全12件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

降りかかる衝撃

正直「マーターズ」では引いたパスカル・ロジエ監督作品。子さらいの悪魔トールマンの謎を描くサスペンスホラーだ。
監督のこだわりや描き方などは丁寧に表現されているが、並み程度だろう。要するに、特に目立った作品ではないということだ。目立つと言えば、主演がジェシカ・ビールということだろう。
注目すべき点はストーリーだ。トールマンの正体にも驚かされるが、話の伏線や、何かが明るみに出た際に雰囲気がガラリと変わる点などが繊細に表現されている。アメリカでは実際に多くの子供が行方不明になるが、その理由を勘ぐってしまう様な衝撃の展開とメッセージ性には深く考えさせられた。あまり言うとネタバレになるが、神隠しや幼児失踪事件も単なる猟奇的とも思える事件という訳ではなく、何か本作と近いものがあるのかもしれないと考えてしまう。とにかく、凄い映画だ。
パスカル・ロジエ監督には期待以上の期待ができそうである。

MASERATI
さん / 2018年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi