すきなんやこの街が 1995・神戸・ある避難所の記録

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

阪神淡路大震災によって焼け出された人々の避難所のひとつ、神戸市灘区の六甲小学校での被災者たちの生活をとらえたドキュメンタリー。第5回地球環境映画祭入選作品。VTR。ビデオプロジェクターでの上映。

あらすじ

1995年1月17日未明に起った阪神淡路を中心とする大地震。神戸市灘区六甲小学校は、震災で家を焼け出された人たちの避難場所として、三千人もの被災者を収容した。校舎や体育館の中では家族単位で、”家“ができ、やがて”町“を形成していく。代表者を中心に自治が始まり、それぞれがお互いに協力し合い、助け合った。ところが、仮設住宅の抽選発表が始まり、一家族また一家族と避難所を後にする者が増え始めると、町は徐々に解体していく。しかし、期待を胸に移っていった仮設住宅での暮らしは、彼らが思い描いていたものとはかけ離れたものだった。「避難所での暮らしの方がずっとよかった。近所づきあいがあり、人々は助け合った」ーそう言う声が数多く聞かれた。1996年暮れ。神戸市の方針で、六甲小学校の全ての被災者が仮設住宅への入居を余儀なくされた。「希望する地区以外の仮設住宅には行きたくない。住み慣れた町を離れたくない」という声も空しく、避難所は閉鎖された。

1998年製作/115分/日本
配給:BOX OFFICE

スタッフ・キャスト

ディレクター
山田和也
構成
毛利匡
プロデューサー
三好亜矢子
撮影
金沢裕司
大野夏郎
長田勇
山田誠
北原学
南幸男
音楽
鳥居央
録音
大野夏郎
吉田一明
川嶋一義
音響効果
金田智子
編集
小林空弥
VTR編集
井口敬太
スチール
永田収
ナレーター
小室等
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く