すきなんやこの町が(パート2)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

95年の大震災から2年、六甲小学校体育館で避難生活を送った人々のその後を追った長篇ドキュメンタリーの第2作。構成は「すきなんやこの町が 1995 神戸 ある避難所の記録」の毛利匡。撮影を「すきなんやこの町が~」の金沢裕司と長田勇、辻智彦が担当している。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

2000年製作/69分/日本
配給:ドキュメント・アイズ

ストーリー

阪神・淡路大震災から2年。約3千人の被災者が暮らした六甲小学校の体育館と言う「町」から離れ、六甲アイランドに建設された仮設住宅に暮らす皆さん。彼らは、震災前の住み慣れた町に戻りたいと思いながら、『復興住宅』と呼ばれる公営住宅へ次々と引っ越して行くのであった。だが、いざ引っ越してみると様々な問題に直面することになる。慣れない生活からくる病気、若者たちの夢の挫折、そして老人たちの孤独な生活。しかしそれでも神戸の人たちは、これからの生活をどんなものにしていくのか、逞しくしたたかに探し続けるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

構成
毛利匡
プロデューサー
三好亜矢子
撮影
金沢裕司
長田勇
辻智彦
音楽
鳥居央
整音
吉田一明
音響効果
金田智子
VTR編集
池田聡
スチール
永田収
タイトル画
涌嶋克己
制作事務局
阿部理恵子
金子和恵
下田志保
生江明
若井真木子
ナレーション
小室等
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く