花の魔法使いマリーベル フェニックスのかぎ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

花魔法の世界からやってきた女の子マリーベルの大活躍を描く、人気テレビアニメの劇場用映画化。監督・脚本は「ジャンケンマン」の遠藤徹哉が担当。

1992年製作/25分/日本
配給:松竹

ストーリー

今日は“フェニックス”トートーの500歳の誕生日。マリーベルは友だちのユーリとケン、そして犬のリボンを連れて、花魔法界のトートーに会いに出掛けた。花魔法界は夢のような美しいところで、トートーに会えたユーリとケンは大喜び。マリーベルらは歌を歌ってトートーの誕生日を祝った。“フェニックス”は500年ごとに人間界へ赴き、心のかぎを取り替えては新しく生まれ変わってきた。今回もトートーは心のかぎ穴とピッタリ合う人を探しにマリーベルらと人間界へ向かうが、誤って悪の鳥に変身してしまう。地上で暴れまくるトートーに打つ手はなく、マリーベルらも危機に陥るが、ユーリとケンのマリーベルを思う心が通じ、トートーは無事花魔法界に戻っていくのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る