「グッドナイト」より真夜中の処女

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

週刊平凡連載の中野実の「グッドナイト」を、「暁の地平線」の共同執筆者・馬場当が脚色し、「体当りすれすれ娘」の穂積利昌が監督したメロドラマ。撮影も「体当りすれすれ娘」の西川亭が担当した。

1959年製作/84分/日本
原題:Midnight Virgin

ストーリー

雨の夜、タクシー運転手の夏樹は、美香という女を助けた。何かに怯えており、金もなくどこへ行くあてもないという。夏樹は愛人でバーに勤めるアケミのアパートへ連れて行った。社に帰った夏樹は、大賀という男に声をかけられた。美香のことだ。会社では、タクシーの個人営業を申請している運転手の整理が始まろうとしていた。共済組合を作って営業を始めようにも、二十万の金が要る。夏樹は継母の仮名子から二十万円を借りた。下宿に帰ると、美香が来ていた。大賀のことを話すと彼女は飛び出した。美香の父沢本は税関の輸入部長をしており、大賀は腹心の部下だった。沢本がからんだ汚職事件の責を受け大賀が職を辞したことから、沢本は大賀に負目を感じていた。美香は父に強要され大賀と結婚したが、新婚旅行の途中逃げ出したのだ。バーで、夏樹はアケミの側に大賀を見つけて驚いた。大賀が美香を追い廻しているのだと言う夏樹に、アケミは彼が自分から遠ざかって行く不安に襲われた。夏樹は、美香が新宿のキャバレーにいるという情報を得た。彼女のアパートに行き、美香を抱いた。アケミは身を引く決心をし、美香の父が大賀とともに東京ホテルにいることを教えた。アケミは麻薬を打っており、大賀はその供給元であったのだ。大賀は美香の父を脅迫していた。沢本は大賀に離婚を認めさせようとしたが大賀は聞き入れない。沢本は汚職の罪を自首して出ようとした。大賀の乾分が沢本の背に忍び寄った。アケミがその手首に噛みつき、ナイフを奪った。沢本が椅子で電燈を叩いた。大賀の乾分がライターの火をともした時、床には大賀が倒れていた。--美香は父から電報を受取った。夏樹と山中の旅館に赴いた。沢本は自首するといい、二人を湖畔の病院に連れて行った。麻薬に犯されたアケミがいた。アケミは同情をこばみ、警察に大賀殺し自白の電話をかけた。数日後、夏樹は美香と新婚旅行に出た。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
  • 顔[DVD]

    顔[DVD]

    発売日:2007年8月24日

    最安価格: ¥2,934

  • 顔[DVD]

    顔[DVD]

    発売日:2013年1月30日

    最安価格: ¥2,186

関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る