拾った人生

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「芸者ワルツ」の笠原良三の脚本を西村元男が監督している。撮影は糸田頼一、佐原福松、音楽は池譲の担当。清水金一を主役に「流れの旅路」の市川春代、「二人の母」の植村謙二郎、その他、徳川夢声、三木のり平、戦前童謡歌手だった杉山道子、コロムビアの柴田つる子、青木光一などが助演する。

1952年製作/64分/日本
配給:新東宝

ストーリー

かつて日本選手権保持者だった競輪選手新井敬吉もこのごろは連戦連敗、遂に資格取消さえ宣告される不運さに、打ちしおれ返って、おきまりの都落ち--。しかし落ちゆく先の故郷では競輪場が開設され、妻と息子は彼の晴れ姿を見んものとはしゃいでいた。窮した敬吉は車券を買って却って無一文となり、旧知の落した金を賞金と称して妻子をごまかそうとする。が、留守中訪れた叔父寛太郎の話で妻子はすべてを知っていた。妻や叔父の説得で電報配達人に就職しかかったものの、かつてのチャンピオンの誇りがどうしても配達人用の自転車にまたがらせない。ふらふらと競輪場へ舞い戻ったところを競輪ゴロ権田一味にみつけられ、八百長レースを強いられる。あわや一枚加わろうとした途端、愛児の輪禍が伝えられた。まんじりともせぬ一夜を経て、ようやく生色蘇った息子の枕頭に、彼はきっぱりと正業--電報配達人に就職することを誓った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く