大学かぞえうた 先輩・後輩

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「私と私」の笠原良三のオリジナル・シナリオを「この日美わし」の八木美津雄が監督した歌謡ドラマ。撮影もコンビの平瀬静雄。

1962年製作/82分/日本
配給:松竹

ストーリー

大学の先輩である“週刊トップ”の佐々編集長の世話で徳宮は宇津見製薬に、神保は浮田酒造に採用された。宇津見社長と浮田社長は同じビルに事務所をかまえ「酒はのむべし、のんだあとは“ヨイサメール”」のキャッチ・フレーズのもとに事業提携をしている仲であった。就職を祝って、下戸の徳宮と神保はしるこやで祝杯ならぬ祝椀をあげた。そこで知りあったシャンソン歌手の咲子に二人はすっかりイカレてしまったが、彼女が浮田社長の令嬢であるとは知るよしもなかった。発明狂の宇津見社長夫人、紅子のアイデア熱はとどまるところを知らず、今度は酒が嫌いになる薬“ワインキラー”の製造にのり出した。提灯もちの佐々は夫人に人体実験をすすめ、烈火のごとく怒った浮田社長をさかんにあおってワインキラーのきかない酒を売り出すようにすすめて多額の広告料をせしめた。両社の仲は日に日に悪化し徳宮と神保を嘆かせた。佐々はテレビの会社対抗芸能コンクールに両社をかみあわせることを企画し、又々両社はエキサイトした。トレーニングの監督にされた神保が大童の間に、徳宮は咲子をナイトクラブに誘った。この夜から、二人の友情にもひびが入り、冷戦が続いた。コンクールの当日、客席では派手な応援合戦がくりひろげられ、両社の楽屋はテンヤワンヤ。そこへ宇津見社長の二号さんまで飛びこんできたので会場は収拾のつかないことになった。この騒ぎが原因で徳宮と神保は転勤を命ぜられたが、これを知った咲子は二人のために奔走した。もともと無二の親友だった両社長の争いも終止符をうち、万事メデタシ、メデタシとなったのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る