髑髏銭(1962)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

角田喜久雄の原作を「勢揃い関八州」の結束信二が脚色、「怪談三味線堀」の内出好吉が監督したサスペンス時代劇。撮影は「丹下左膳 乾雲坤竜の巻」の鈴木重平。

1962年製作/84分/日本
配給:東映

ストーリー

時は五代将軍綱吉の頃……江戸の下町に一人淋しく住む武家娘お小夜。ある夜、その家に猫の死骸の入った風呂敷包みがころがりこんだことから事件ははじまる。銭酸漿と称する覆面の武士がその包みを奪おうとした時現われたのが、神名三四郎という浪人。三四郎は乾分の仙太の情報で、この世に三枚の髑髏銭がありその三枚が揃った時、駿河大納言家の財宝を得る事、そして一枚が御用商人銅座、一枚が将軍家用人柳沢の手に、もう一枚が庭に埋めた黒猫の腹の中にある事を知ったが、この時すでに銭酸漿のために墓はあばかれた後だった。財宝を一人じめにしようとする柳沢に髑髏銭を献上せよと命令された銅座は、銭酸漿を倒して急場をしのごうと必死になっていたのだ。折も折、綱吉が柳沢邸に出かける事を聞いた三四郎は、好機到来と柳沢家へ仕官して入邸することに成功した。綱吉の訪れた夜、警備にあたっていた三四郎は、仙太の失敗から追われる身となり、途中、銭酸漿と銅座達が対決しているところに出くわした。銅座の鉄砲が火を吐き倒れる銭酸漿、その直後、走り込んだ三四郎の白刃は唸って銅座も倒れた。死に際した銭酸漿の言葉から、彼はお取り潰しになった大納言家の遺臣で、三枚の髑髏銭を守ろうとした忠臣であることが判った。再び柳沢邸にもどった三四郎は、綱吉の前に現われ「叔父上!」と意外な事を言う。三四郎は実は駿河大納言忠長の孫忠房であると語り、将軍職争いの犠牲となった忠長の霊を手厚く弔ってくれたら、髑髏銭が秘める財宝を献上しようと申し出た。三四郎の真摯な若者ぶりにうたれた綱吉。彼は、お小夜、仙太らを連れた三四郎が、髑髏銭の示す財宝--日光大銀山の開発に向うのを快く見送るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る