泣くんじゃないぜ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

竹森竜馬の原作から、「太陽のように明るく」のコンビ中西隆三が脚色、森永健次郎が監督した歌謡ドラマ。撮影も同じく松橋梅夫。

1962年製作/71分/日本
配給:日活

ストーリー

風間興業のチンピラ大森信次は、同じ少年院を出た歌手志望の松宮アキラを自分の弟のように可愛がっていた。アキラは信次の世話で、一流の山田プロと契約を結ぶことが出来た。このことを聞いた、信次にメンツを汚されたと怒った風間は幹部の白須、松永らにヤキを入れさせた。その乱闘のさなか、夢中で風間を射ってしまった信次は、驚きの余りその場から下り列車で逃げ去った。山田プロに入ったアキラは、短期間でスターの座にのしあがっていった。一方信次は、沼津附近でトラックの荷抜き強盗を追いはらってやったことから運転手の円三の家に世話になることになった。円三の家は娘の葉子と二人暮し、一人息子の健二は森川組に入り、殴り込みのときに白須に殺されてしまっていた。製薬会社の荷物を蓮ぶことになった円三を助けて一生懸命働く信次を、葉子は兄のように慕った。風間興業とトラックの荷抜きをはかる森川組は、犬猿の仲。その上互いに信次を追っていることを知ったやくざ仲間の情報屋渋井は、たくみに二つの組を渡り歩き、たきつけていた。ある日、信次は森川組に呼び出された。円三のトラックの荷抜きを手伝えと迫られた信次は、意を決して東京のアキラを訪れた。一部始終を聞いたアキラは、何とか信次を助けようとしたが、そこへ現れた松永の罠にかかり、信次は再び森川のもとに連れ戻された。そのころ、白須は森川組のシマでアキラの興行を打とうと企んでいた。今夜も信次の運転する円三のトラックが高価薬を満載して突っ走っていた。渋井の死体を発見して止った車の前に、葉子の腕をとった白須たちが現れた。この時、おりよく通りかかったパトカーに三人は救われた。沼津公会堂は、アキラのファンで沸き上っていた。手錠をはめられた信次が、満足そうにアキラの舞台をみつめていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る