あの波の果てまで 完結篇

劇場公開日

0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大林清のNET連続メロドラマの映画化の完結篇。脚色は前篇でのコンビ、富田義朗と芦沢俊郎、監督も前二篇につづいて八木美津雄。撮影は「白い南風」の平瀬静雄。

1961年製作/104分/日本
原題:Far beyond the Waves/Her Last Pearl
配給:松竹

ストーリー

横田弁護士と共に九州から帰京した千秋は、夫の池尻のため法廷の証言台に立ったが、裁判は有利に展開しなかった。その時、協力を申し出た宮原産業の社長宮原は、千秋を自分が経営する箱根ホテルのフロント係に世話してくれた上、黒岩を説得して今度の事件の責任は、すべて自分にあるのだと証言させてくれた。おかげで池尻は執行猶予ということになった。その頃竜一が上京して来た。千秋はこれを機会に池尻と別れ、竜一と結婚しようと決心した。だが、池尻はどうしても千秋と別れることを承知せず、あげくの果てに千秋に傷を負わせるという乱暴を働いた。宮原は警察を呼ぼうとしたが、千秋は執行猶予の池尻をかばってすべてを内密にしておいてくれと頼んだ。それに感心した横田は池尻を呼んで千秋と離婚することをすすめたが、池尻は頑として受付けなかった。幸い千秋は傷が軽かったので全快と同時に、漁業観測船の水産技師になって宮城県の女川へ赴任した竜一の後を追うことにした。宮原はそのために千秋がホテルをやめるのを喜ばなかった。彼も千秋に野心を抱いていたのだ。千秋は後に残す、母さとのことを思って悩んだが、母は新子の店の手伝いをして暮らすから心配ないと、却って千秋を励まし女川へ出発させた。千秋が女川へ着いた日は竜一が航海に出かける日であった。だが、千秋を嫉視する竜一の下宿の娘和子に邪魔され、千秋が港へかけつけた時は、すでに竜一を乗せた船は出港した後だった。余りのことに悄然となった千秋を、見るに見かねて、船長の知り合いの小料理屋の女将が助け、その世話になることとなった。やがて竜一が帰港する日、突如襲った台風に竜一の乗っている船は沈没、竜一は絶望と伝えられた。呆然とする千秋。しかし竜一は死んではいなかった。海上に抛り出されて漁船に救われていたのだ。千秋の前に竜一が現れた。ふたりはしっかりとだきあって変らぬ愛を誓いあった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

2.0☆☆★★ ※ 鑑賞直後のメモから この薄っぺらいメロドラマもいよい...

2019年12月30日
iPhoneアプリから投稿

☆☆★★

※ 鑑賞直後のメモから

この薄っぺらいメロドラマもいよいよ完結篇。

いきなり現れる後見人。
だがこの男も、美しい岩下志麻の美貌に翻弄され、次第に彼女にとっては負担にしかならなくなって来る。
しかも夫は離婚を承諾する意志はなく、益々泥沼へと突入。本当に愛する男とはすれ違いの連続(苦笑)
更には、周りからの意地悪により延々と続く『気の名は』状態の無限ループ。

もうどうにでもして!

遂に愛する2人の前には立ち塞がる壁は崩壊した。この愛には邪魔者などは存在しない。
さあ!!心ゆくまで愛する2人を見つめよう!

…と思いきや、風向きが怪しくなって来る。

凄いぜ!松竹メロドラマ(爆)

悲観に暮れる岩下志麻。
以前に考えていた願望が首をもたげ始め蘇る。
遂に悲劇的な結末が〜!

「お〜っと!ちょっと待った〜!」真のエンディングが遂に来た〜!

コメディーリリーフとして伊藤雄之助が登場して笑いを誘う。
結局シリーズを通して、はっきりと言える事はと言えば…。

とにかく、岩下志麻がめっちゃくちゃ可愛いって言う事実に他ならん❤️

薄っぺらいメロドラマ最高〜(笑)

2010年11月28日 ラピュタ阿佐ヶ谷

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る