忍術使いと三人娘/忍術使いと三人娘 女狐変化

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

横山保朗のオリジナル・シナリオを、「柳生武芸帳(1961)」の井沢雅彦が監督した忍術映画二部作。撮影も「柳生武芸帳(1961)」の杉田正二。

1961年製作/日本
配給:東映

ストーリー

〔忍術使いと三人娘〕 その昔、とある村に弓さんという忍術使いが住んでいた。弓さんも、師匠の竜幻さんも話しのわかる忍術使で、村の若い娘に術をかけては喜んでいた。ある日、清国の貿易使節団の一行がこの村に泊まってから、村の平和が乱れた。まず、三日月小僧という怪盗が出没、庄屋の若後家お滝が殺され、さらに小間使のお清が姿を消した。お滝の妹、お千代も突然村を出た。清国の団長劉鐘東は、商人十国屋と結託して阿片を密輪、十国屋はこの阿片を使って江戸の豪商を次々と毒牙にかけ、代償として日本娘を清国に送っていたのだ。三日月小僧とは、十国屋の魔手に倒された呉服問屋の若旦那で、与力日下部の密偵として十国屋をさぐっていた仙吉だった。弓さんは、ロマンスグレーのご隠居さんに化けて大活躍、日下部の妹綾乃に送られてきた清国帯から呪いの小鈴を発見して劉の悪業の確証を握った。劉、十国屋は呪術を使って仙吉を捕え、事件の張本人に仕上げようと図ったが、弓さんがとびこんで仙吉を救け、竜幻らの応援をえて一味を捕えた。 〔女狐変化〕 千代田城で、将軍家御息女と諸大名の若殿の集団見合があった。焼津藩主山城守の土産黄金の壷からヘビとガマが飛び出し、将軍の怒りを買った山城守は失脚してしまった。これは砂金を産出する富裕な焼津の土地に目をつけた老中田沼意次の悪計で、病気の末姫と意次の嫡子駒太郎を結ばせ、焼津の砂金を手に入れようと図ったものだった。末姫の病気というのが、意次の腹心甲賀鉄斎によって南蛮渡来の蛇光の毒薬を盛られたものだった。毒薬は末姫から人間の感情を奪い、末姫は夜となると夢遊病者のように辻斬りを働いていた。弓さんと師匠の竜幻、娘の摩也は一寸法師から犬や猫にまで化けて鉄斎の妖術を破り、遂に末姫の落した印篭を入手して田沼一味の陰謀をつかんだ。さしもの将軍家治もめざめて、田沼一味を捕えた。弓さんが末姫にキスすると、彼女は正気を取戻し弓さんと結婚したいと後を追いかけ始めた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る