お役者変化捕物帖 血どくろ屋敷

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

高田浩吉のお役者変化捕物帖シリーズの第二作。陣出達朗の原作を、「霧丸霧がくれ」の結束信二が脚色し、「又四郎行状記 神変美女蝙蝠」の河野寿一が監督した。撮影は「大江戸喧嘩まつり」の鈴木重平。

1961年製作/79分/日本
配給:ニュー東映

ストーリー

“よろず指南、もめ事買います”の看板が人目を引く江戸のお洒落浪人霞一平の家に、遊び人の三五郎が、怪しい浪人者の一団に襲われたといって飛び込んで来た。早速、浪人者の後を半吉に追わせた一平は、彼らが勘定奉行坂崎豊後守の屋敷に入ったという報告をうけた。三五郎の妹お美代が金座の後藤金右衛門屋敷に奉公しており、或る日、彼女は突然失踪、その行方を三五郎にたださんものとして三五郎が襲われたのであった。三五郎はお美代から聞かされた後藤家の秘事を一平に語った。金右衛門には先妻に生ませた巳之助という子供があるが、後妻おえいに気兼ねして親らしい仕草が巳之助にしてやれないこと、後妻おえいは豊後守の娘であって占いに長じており、後藤家に子供が生まれると不幸が訪れるといって巳之助の籍を頑としていれない関白女房である、ということであった。巳之助が或る晩何者かに殺害されるに及んで、危険を感じたお美代が身を隠したのだった。お美代は花村座の菊之丞にかくまわれていた。一平と菊之丞は瓜二つで親友であった。金座をめぐる豊後守の不気味な動静を知った一平の活躍が始まった。刺客団の鉾先は一平に向けられたが、一平得意のお役者流刀踊りに刺客団も手がでなかった。菊之丞に思いを寄せるおえいは、坂崎家を笠に花村座へ押しかけた。そこでお美代を発見したおえいの一行は、お美代を通じて金座横領の陰謀を知られたと思い菊之丞を根岸の寮に拉致した。だが、菊之丞と一平がすり変っていた。根岸の寮では、一平得意の風流お役者狂言の舞台が開かれた。そして半吉の伝令で南町奉行が根岸の寮へ。南町奉行筆頭与力花井五郎左衛門が指揮する捕物陣が一平の剣踊りに声援した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る