艶説女侠伝 お万乱れ肌

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

女の性の悲しさ、義理と恋の板ばさみに悩む女の苦悩を描く。脚本は田中陽造、監督は「真昼の情事」の藤井克彦。

1972年製作/72分/日本
配給:日活

ストーリー

女壺振師らしゃめんお万はやくざ稼業から足を洗い、手相見風来堂の口聞きで料亭・銀月で仲居として働くことになった。店の看板にまでなったお万だが、同僚の仲居たちの嫉妬を買う。主人銀次郎はお万を折檻することで仲居たちの気持ちを静めた。しかし、お万を折檻している間に銀次郎はお万に魅了され、狂ったように抱きしめるのだった。以後二人は、銀次郎の妻お才の眼を盗んで関係をつづけるようになる。その頃、風来堂の息子、良吉が逃げこんで来た。良吉にはお照という河権一家の女郎の恋人が居たが、自由にするためには三百円も必要だというのである。一方、銀次郎とお万の関係は、お才の知るところとなりお万は即刻クビ。ふたたび賭場で壺を振るようになる。お照が良吉の元に逃げて来た。全てを知った風来堂はお照の身請金を稼ごうと、サイコロ勝負に挑み、見事三百円を勝ち取るが、河権に惨殺され金まで奪われた。しかも、お照、良吉も殺されてしまった。お万の怒りが爆発した。単身、河権一家に殴り込み、風来堂、お照、良吉の仇を討つべく次々と血祭りにあげていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く