天才バカボン 別れはつらいものなのだ

劇場公開日:

解説

『少年マガジン』で連載中の同名漫画の映画化。

1972年製作/14分/日本
配給:東宝

ストーリー

動物園から逃げ出したワニの子供が、バカボンの家へまよいこんで来ました。バカボンはこの突然のめずらしい訪問者に大喜び。得意になったバカボンはどんなところへでもワニを連れて歩きます。ところがある日、いつものように買い物にワニを連れて行きましたが、イタズラもののワニは店の品物を落したり、客に咬みついたり大騒ぎ。とうとうバカボンのママは、動物園がワニの子にとって、一番住みやすいところなのだから、動物園に返すように言うのでした。折角友達になれたのにバガボンはつらいのを我慢して、泣き泣きワニの子供とサヨナラするのでした。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
吉田喜昭
原作
赤塚不二夫
撮影
清水達正
美術
陰山仁
音楽
渡辺岳夫
録音
明田川進
編集
井上和夫
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く