死村告別

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

青森市在住の劇作家、海郷三吉のラジオドラマ脚本を原案にしたもので、脚本・監督は「彷徨」「心」と一貫して津軽を描いてきた長内和雄、撮影は大手洋行、笠松則通、赤枝満がそれぞれ担当。(16ミリ)

1978年製作/80分/日本
配給:その他

ストーリー

冷酷な程荒涼とした冬の津軽。その寒村に、一人の青年が降り立った。増田太一である。太一にとって、故郷を捨てて五年目の帰郷だった。五年前、太一は、炭焼をしている父、竜吉と二人で生活していた。母親のさだとは、太一が一歳の時、死別。だが、さだの死には恐ろしい秘密があった。肺病で苦しむさだの姿を見兼ねる余り、竜吉が殺してしまったのだ。太一はその秘密を知らない。そして、竜吉もまた、肺病に犯され始めている。嵐の吹き過ぎたある日、村の浜に数体の溺死体が上がった。漁船が難破したのだ。それから数日間、竜吉の炭焼き小屋からは、死体を焼く白煙が立ちのぼり続けた……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く