夜明けの旗 松本治一郎伝のレビュー・感想・評価

夜明けの旗 松本治一郎伝

劇場公開日 1976年10月16日
1件を表示 映画レビューを書く

新平民かくたたかえり。

部落解放同盟、一応存在くらいは知っているけれど、馴染みのない固有名詞。
時間がドンピシャリだったので鑑賞。

伊吹吾郎、破天荒な快男児を好演。
檀ふみの古き良き日本女性の具現化もイイ。
観客の予測を軽く裏切って展開される語り口がなかなか良かったです。

「団結せよ」が若干鼻につくけれど、物語として伝わり易いのは確かだな。

映画は戦前の裁判をクライマックスとして終わるのだけれど、鑑賞後にwikiで調べてみたら、この人国会議員、副議長まで務めていたのね。
あと、戦前戦後の主張とか、映画では描かれなかった側面、現実は更に面白い。

題材と、物語に使う部分の取捨選択、という点で、秀逸だなと思いました。

Nori
Noriさん / 2015年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報