メルヘンの闇

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

奇雲山派の第一回作品。脚本・監督の日野岳唯照は、奇雲山派とKIMの両方に属している。また編集の三浦照樹はKIMのメンバー。(16ミリ)

1975年製作/15分/日本
配給:その他

ストーリー

夏祭の夜、彼は夜店の隅でガラクタを売っていた男から買った不思議な鈴を盗まれてしまう。夜の林の中に自転車ではいった彼は、暗闇の中で油絵を描いている少女に出会う。自転車のランプでよく見ると、キャンバスに描かれているのは暗闇そのものであった。突然真昼の砂浜に出た彼は、エプロン姿のおばさんを真ん中に、見知らぬ四人の青年男女と“カゴメ・カゴメ”をやるのであった。いきなり、彼らに追いかけられ砂浜に倒された彼のむこうには、エプロンのおばさんと4人の男女、がらくたを売っていた男の6人が、無気味に笑いながら立っていた。彼は、そっちの方へ駆け出していった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く