(秘)商社情報 女買い占め売り惜しみ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

買い占めブームの現代、会社の命令で夜の蝶を買い占めまくる男を描く艶笑喜劇。脚本は「(秘)女郎残酷色地獄」の大工原正泰、監督は「外人妻」の白井伸明、撮影は「性教育ママ」の萩原憲治がそれぞれ担当。

1973年製作/66分/日本
配給:日活

ストーリー

十数倍の難関を突破して無事“マルチョン物産”に入社した乗田則夫の最初の仕事が“銀座の夜の蝶”の買い占めだった。早速、則夫は銀座にでかけて、夜の蝶たちを口説いているところに、彼女たちのヒモに囲まれた。だが、丁度通りかかった、これもホステスのマコの口利きでその場は収まった。翌日、同僚の糠津八郎と日比谷公園に出かけた則夫は、混血のアンとキャシーを口説いたものの二人はまだ学生、と聞いてガッカリ。一方、八郎は次々と女を口説きおとし則夫を口惜しがらせる。ある日、先日のヒモにまた掴まり、殴り倒された則夫は、またマコと会った。そして、彼女に誘われるままにホテルへ。ところが、そのホテルで木戸田部長の姿を見つけ、あわててマコと逃げ回った末、やっと彼女と抱き合うことができた。数日後、木戸田部長は、則夫を先日のホテルへ連れて行った。自分の姪と見合いをさせるというのだ。が、その相手というのがマコだったので二人はビックリ。実は、マコは部長の姪などではなく、このホテルで時々逢引きしている愛人だったのだ……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く