故郷(1939)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イプセンの『人形の家』のノラと並んで、19世紀未の目覚めた女の代表であるマグダの姿を描いたズーダーマンの『故郷』が原作であるが、ナチスの国策のため結未が変更されている。監督はドイツ映画の長老カール・フレーリッヒ。

1939年製作/ドイツ
原題:Heimat

ストーリー

マグダ(ツァラー・レアンダー)は因習の権化のような父親シュワルツェ大佐(ハインリヒ・ゲオルゲ)に背いて家出し何年か後に一流の歌手となって故郷に迎えられ、父と和解する。ところが妹の結婚資金のため銀行に行くと偶然、かつて彼女を愛し子供を産ませながら捨てた男ケラー頭取(フランツ・シャフハイトリン)と再会する。ケラーはしきりに彼女に言い奇るため彼女は故郷を捨てようとするが、幼友達へフターデング(パウル・へルビガー)に慰められて路み止まる。父の大佐は家名と妹の結婚のためケラーと結婚せよと迫る。マグダは再び故郷を拾てようとした時、公金費消の罪が発覚してケラーは拳銃自殺を遂げてしまう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く