八重桜物語 オーストラリアに渡った戦争花嫁たち

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第二次大戦後、連合軍兵士の妻としてオーストラリアに渡った6人の日本女性がいかにして異文化を受け入れていったかを描くドキュメンタリー。製作はカーレン・フォーリー、スールン・ホアス、監督は日本に留学経験のある女流ドキュメンタリスト、スールン・ホアス、撮影はペーター・ザカスが担当。映画は現在夫と離婚して日本料理屋で働くミユキ・リンズデル、同僚のツヤコ・オーテス、夫を亡くしているマサコ・クラーケ、ギャンブルに熱中するチアキ・フォスター、元教師のチエコ・トウレネリー、オーストラリア兵と再婚したトミコ・メローズ、このそれぞれの過去を持つ6人の戦争花嫁の戦後の軌跡と現在の姿を描いてゆく。終戦直後、彼女たち日本女性とオーストラリア人の結婚は法律的に禁じられていたが、そうした戦争花嫁は実際には600人余りいた。しかしこの作品は単にそうした苦労話に留まらず、異文化の中に生きるという普遍的なテーマをも提示している。カラー、16ミリ。

1989年製作/オーストラリア
原題:Green Tea and Cherry Ripe
配給:パンドラ

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く