蒼きドナウの流れ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「逃げちゃ嫌よ」「ジャズは踊る」と同じくハーバート・ウィルコックスが製作した映画で、フランス語版の監督補助にはマックス・ド・リュウが当たった。出演は「クレオパトラ」「十字軍」のジョゼフ・シルドクラウト、「コスモポリス」「真紅の恋(1933)」のブリギッテ・ヘルム、ドロシー・ブーシェ、アルフレッド・ロードのジプシー管絃楽団である。

1932年製作/72分/イギリス
原題:Le Danube Bleu

ストーリー

新月の夜、ジプシー等は彼等の新年を祝福して居た。若き男女は人生の幸を音楽に見出し、いとも楽しげであった。特に美声の若者サンドールと彼と恋人のダンサー、ユットカは恵まれた月日を送っていた。ジプシー・ソングに心惹かれたコヴァックス伯爵夫人はブダペストの自邸に一行を招聘して音楽会を催した。サンドールの美しさと声に伯爵夫人は何時か彼を恋する身となり、彼も亦夜間自分のテントを去り行く程の気持ちを抱き始めた。ユットカはそれを知り、テントを去って町へ新しい生活を求めて行った。その後はサンドールも淋しく彼女との再会を望んで町へ出て、ある料理店の歌手となった。運命は再びサンドールとユットカを相会わせ、二人は元の鞘に納まることとなった。ところがある夜、仮装舞踏会でサンドールがユットカを探し求めて歩き廻っている間に、伯爵夫人と一言二言話したのを、ユットカは認めてサンドールと伯爵夫人が今も尚懇ろなのだと誤解して、失望の余り何処へか姿を消してしまったのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る