サンシロスの兇獣

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ズード社が製作しエメルカ社の発売した映画で、ヨーエ・シュテッケル氏の監督したもの。主役は冒険俳優として相当知られているマルコ氏とリリー・ドミニチ嬢とである。アフリカとダルマチアを背景とした猛獣活劇である。無声。

ドイツ
原題:The Wild Animals of San Silos

ストーリー

マルコは甥ハリーから流行の酒場メーゾン・ダメリーに起った怪しい事件を聞いた。翌日の夜ハリーと共に酒場に赴き毒牙にかからんとしている乙女キティーを救出した。マルコの家へ伴われたキティーは奪い取った乙女を抱いているゴリラの彫刻を見て気絶した。やがて正気に返った彼女の口から世にも怪しい物語が語られた。彼女の父はアフリカ西海岸のサンシロスの移民であったが、ある日彼女は父と共に狩に出ての帰途兇獣ゴリラに襲われて気絶した。やがて正気づいた時には不思議にも大洋を航海している帆船の中にあった。そうして悲惨なる境涯に陥ろうとしていたのであった。これを聞いた義侠児マルコは旅装を調べてアフリカへ渡りキティーの父に娘の無事なことを告げた。華やかな歓迎会の席上又もやゴリラが出現したが、マルコの智力と腕力によってアフリカ大森林を背景に大活劇を演じ、遂にゴリラを斃した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る