名誉の道

解説

俳優アンリ・ギャラが自社を設立して製作、主演した映画で、ジャン・ランテスがシナリオを書卸し、ジャン・ポール・ポーランが監督にあたった。モロッコが主な背景となっているが、この部分は同地にロケーションして撮影された。撮影はルネ・ギッサール、装置はリュシアン・アゲッタン、音楽はジョルジュ・ヴァン・パリス。

1939年製作/フランス
原題:Le Chemin de l'Honneur

ストーリー

モロッコで叛徒の要塞襲撃があった時に一将校(アンリ・ギャラ)が外国人部隊に加わっていた双生児の兵士(アンリ・ギャラ二役)とめぐり合う。この兵士は探偵(ルネ・ベルジュロン)に跡を尾けられ、外国人部隊に逃げ込んだ訳なのだが、将校が彼の身替りとなって死んでから彼の名をつぐこととなる。そしてフランスに帰り、将校の許嫁(ルネ・サン・シール)に会い、また母の死目にも会う。だが再び探偵に正体を見破られそうになった時、彼は進んで外国人部隊に戻り、壮烈な戦死を遂げて罪の償いをした。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る