英国最大の戦い アルフレッド大王

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アルフレッド大王とバイキングの決戦を描くスペクタクル。エリナー・シプリー・ダケットの原作を「大いなる西部」のジェームズ・R・ウェッブがストーリーに書き、ケン・テーラーと共に脚色。監督は「茂みの中の欲望」のクライヴ・ドナー、撮影は「茂みの中の欲望」のアレックス・トムソン、音楽はレイモンド・レパードの担当である。出演は「バーバレラ」のデイヴィッド・ヘミングス、「できごと」のマイケル・ヨーク、「遥か群衆を離れて」のプルネラ・ランサム、その他コリン・ブレークリー、ジュリアン・グローヴァー、イアン・マッケランなど。製作は「西部開拓史」のバーナード・スミス。メトロカラー、スーパー・シネラマ方式。

1969年製作/イギリス
原題:Alfred the Great
配給:メトロ

ストーリー

八七〇年のイングランドは、好戦的なデーン人の侵略にさらされていた。バイキングたちはイングランド全土に手をのばし、わずかに最南の王国ウェセックスだけがその難を免れていた。だが、そのウェセックスも今や攻撃のマトとなった。国王エセルレッド(A・ドビー)は体が弱く、軍隊の士気もあがらない。重臣アセルスタン(J・グローバー)は、王弟アルフレッド(D・ヘミングス)の許へ救いを求めた。アルフレッドは聖職につこうとする矢先牧師アシャー(C・ブレークリー)の口添えもあって、抗戦の指揮を引き受けた。ただちに、アルフレッドはグートルム(M・ヨーク)にひきいられたデーン人を撃退した。隣りのマーシア国のビューラド王(P・ボーム)はそれを聞き、ウェセックスと力を合わせようとした。そして娘のエールスウィズ(P・ランサム)を伴なってやって来た。アルフレッドはその娘と恋におちた。しかし、ふとした誤解で彼女を遠ざけることになってしまった。王位についたアルフレッドはデーン人との休戦を策し、エールスウィズを人質に送った。そして軍の強化につとめたが、チッペンハムの一戦で敗れ、野盗の巣窟に逃れた。そしてその首領ロジャー(I・マッケラン)の助けで、エールスウィズと息子を救った。怒ったのはグートルム、ただちに軍勢をくり出した。アルフレッドは盗賊や貴族を統合して陣をかまえた。戦況は一進一退、やがてロジャーのひきいる民軍の助けを得て、アルフレッドは反撃に出た。敵はその勢いにのまれて引きさがるばかりだ。攻撃また攻撃--。そして勝利、彼は意気揚々と戦場を去った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る