ヴァーツヤーヤナのカーマ・スートラ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

紀元前六百年の昔、インドの哲人ヴァーツヤーヤナの残した『カーマ・スートラ』を基にして、現代の愛の営みを描いた作品。監督はコビ・イエーガー、脚本コビ・イエーガー、P・D・シエノイ、ジョージ・ウイルソンの合作。撮影はハンネス・ステス、ラルフ・シエンケル、音楽担当はイルミン・シュミッツ。出演はヤイ・クマール、パーシス・カンバータ、ブルーノ・デイトリッヒ等。

1968年製作/西ドイツ
原題:Kamasutra
配給:NCC

ストーリー

◇ヨーロッパ。大出版社の女秘書アンケ(B・シエーネ)は、テスト・ドライバーのミケ(B・デイトリッヒ)と社用で旅に出る。彼女は彼を愛していたが、彼の肉体的な要求を拒んでいた。そこで感情的な対立があったが、ミケの誘惑に抗しきれずアンケは体をゆるしてしまった。それは彼女にとって苦しみと屈辱でしかなかった。◇インド。新婚のナンダ(P・カンバータ)とディリップ(J・クマール)の巧みな愛の営みがくりひろげられる。◇ヨーロッパ。アンケは編集長のペーター(R・アボット)に悩みを打明ける。しかし、彼の忠告も良い解決策にはならなかった。一方、ペーター夫婦も、結婚生活七年目の危機をむかえていた。◇インド。ライ(P・ナート)とアーシャ(F・カリン)は、夫婦生活の倦怠を感じていた。そこで「カーマ・スートラ」の教えによって、この危機を打破する。◇ヨーロッパ。ペーターと妻ヘルガ(F・ブロンネン)はパーティの妖しい雰囲気の中で心が結びつき、その夜を共にすごそうとささやきあった。◇インド。アーシャの寝室にライが入って来る。二人は幸福な愛と肉体の結びつきを行う。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く