無頼漢戦隊

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カミロ・バッツオーニが監督したマカロニ戦争映画。撮影はフランシスコ・サンチェス、音楽はディジー・ルミニが担当。出演は「グリーンベレー」のアルド・レイ、「インディアン狩り」のルイス・ダヴィラほか。製作はピエロ・ドナティ。イーストマンカラー、テクニスコープ。

1968年製作/イタリア・スペイン合作
原題:Commando Suicida
配給:NCC

ストーリー

第二次世界大戦の末期英国は、ドイツのV2爆弾で甚大な被害を受けていた。そこで英国は最後の手段として、ノルマンディ上陸作戦の前に、レッド・ベレー部隊をパラシュートで降下させ、ドイツ軍基地の撃滅をはかることにした。その隊員には、フランス人クローデック軍曹(A・レイ)をリーダーに、四人のツワ者どもが選ばれた。いよいよドイツへ向う日、爆破の専門家オトウーリ伍長が加わり、コマンド隊員は総勢六人。パラシュートで降下し、用意周到に作戦を開始。壮烈な戦闘であった。ある者は手投弾とともに自決をとげ、ある者は重傷を負い、味方は一人ずつ減っていった。そして最後の夜、基地へ忍び込んだ一行は燃料タンクに爆薬を仕かけ、一瞬のうちにドイツ軍基地を火の海と化す。成功であった。ロンドンへ無電がいく。これで連合軍のノルマンディ上陸作戦も上首尾となるだろう。しかしながら六人のコマンドのうち三人は命をおとし、二人は重傷を負い、クローデック軍曹だけが、なんとか元気で帰国の途についた。彼が将校となる日も近いだろう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る