サーカスの女王

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ソ連猛獣サーカスの公演をプログラムに従ってキャメラに収めた記録映画。日本語解説は宮田輝が担当した。脚色・監督はエル・バーラモフ、撮影はM・オシュロコフ他二名、音楽はV・スミルノフが夫々に担当している。製作はP・グリヤエフとN・メジドロワ。特別審査合格新輸入作品。

1951年製作/ソ連
原題:In the Ciscus Ring
配給:中央映画社

ストーリー

プログラムはミカエル・デミトリヴィッチ・アニシモスの指揮する曲馬に始まる。次いで二人の男女がリングを疾走する馬上で曲乗りを見せ、玩具の汽車に乗ったペンギンや、アザラシ・ダチョウ・テンリス・猿などの芸当に移る。続いてデュロフ・ブラザースか鶏と狐の珍芸を披露する。象の曲芸、熊やライオンを混えた舞踏会に続いてバレンチナ・フイラトフの指揮する十五頭の熊の集団による手品の芸当などが展開され、自転車やオートバイを乗りこなす手際が観客の拍手を浴びる。猛獣サーカスの見せ場となり、女流猛獣使いイリナ・ニコラエナ・ブグリモフがライオンを使い、マッチ・シスターズ三人のアクロバットで幕が下りる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く