ウィーク・エンド(1963)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クラウス・リフビエルクの脚本をパレ・キャエルフ・シュミットが監督した。撮影はゲオルク・オッドナー、音楽はエーリク・モーゼホルムと我が国にはなじみがない。出演はイエンス・オスターホルム、イェスパー・イェンセン、エルゼベート・クヌートセンほか。

1963年製作/デンマーク
原題:Week-End

ストーリー

クヌート(イェスパー・イェンセン)と妻のベート(エルゼベート・クヌートセン)は海辺の別荘で週末を過ごそうと仲間の建築家ヤン・イルゼ夫妻、キエルト・トーベ夫妻、そして野性的哲学者ラルス(イエンス・オスターホルム)を招待した。彼らは昼はコバルトブルーの波間に銀色に輝く砂の上ではしゃぎ、夜は酒に浸って雑談に時を忘れていた。彼らは表面的には満足しきったような顔をしてはいたが、心のどこかでは突飛な破目をはずすチャンスをひそかに期待していた。酒の量が増すにしたがって、男たちは人妻を誘惑しはじめ、気違いじみた、常識を欠いた乱痴気パーティの様相を呈してきた。翌日、ラルスとクヌートは新しい女を求めて浜へ出掛けた。そして焼けつく砂浜で褐色のチャーミングな女を見つけ誘いにうまくのせたが、ちょうどその時駆けつけた女の父とフィアンセに殴られ、ほうほうの体で逃げ出す始末だった。夜になると再び暗闇の木陰で大胆な遊戯が始まった。セックスと酒。錯乱した週末はもう終り近かった。彼らは早く自分の安心出来る所に帰りたいと、思っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く